分子神経イメージング研究プログラム|MONI

ENGLISH
SITE MAP
MONI MIC NIRS
プログラム概要 研究者略歴 原著論文 その他の成果 プログラムメンバー リンク
認知症で神経細胞死を引き起こす異常タンパク質の 生体での可視化に世界で初めて成功!!
研究チーム
脳病態チーム|チームリーダー 須原 哲也
チームリーダー 須原 哲也(併任)
脳機能および精神・神経疾患の病態
と治療評価に関する臨床研究
  詳細はコチラ
脳分子動態チーム|チームリーダー 樋口 真人
チームリーダー 樋口 真人
精神・神経疾患発症の分子メカニズムに
関する基礎研究
  詳細はコチラ
神経情報チーム|チームリーダー 南本 敬史
チームリーダー 南本 敬史
脳機能局在の分子メカニズムに
関する基礎研究
  詳細はコチラ
ニュース
研究概要
統合失調症
統合失調症は妄想、幻覚、思考の障害、陰性症状などを主要な症状とする精神疾患であり、10代後半から20代前半にかけて発病することが多い病気です。
気分障害
気分または感情の変化を主症状とする疾患で、うつ病エピソードまたは躁病エピソードを生じます。
アルツハイマー病
アルツハイマー病は認知症と呼ばれる症状を示す高齢者に多い神経 疾患です。高齢化社会の進展とともに患者数の増加が危惧されています。
詳細はこちらから 詳細はこちらから 詳細はこちらから
精神薬理学的研究
精神疾患の治療に用いられる薬の多くは脳内の神経伝達物質の受容体に結合し、その信号伝達を阻害もしくは強化することで作用を発揮します。
 
精神科学研究
神経ネットワークの中で特に大脳皮質のドーパミン神経活動は認知・報酬・記憶に重要な役割を果たしていると考えられています。
 
PETによる薬の治験
PET(Positron Emission Tomography) を用いた新薬の治験について説明します。
詳細はこちらから 詳細はこちらから 詳細はこちらから
サブメニュー
脳とこころの分子イメージング
採用情報
共同研究
東北大学連携大学院
Copyright © National Institute of Radiological Sciences.