研究部門

医学、生物学、物理学、化学、薬学等の広範な分野の人材と先端的な研究施設・設備を有する総合的研究機関として、放射線と医学に関するミッションオリエンテッドな研究開発を行っています。

重粒子医科学センター

重粒子線による最先端の放射線治療は、患者さんの身体的負担の少ない、人に優しい治療法として大きな期待を担っています。重粒子医科学センターでは、治療法のさらなる高度化と全国的な普及を目指した研究開発に取り組んでいます。

重粒子医科学センター病院 Webサイト(別ウィンドウ)

分子イメージング研究センター

腫瘍や精神疾患に関する基礎研究や臨床研究のほか、分子プローブの開発や放射薬剤製造技術開発、PET開発やMRIの計測技術開発など、分子イメージングの基礎研究から疾患診断の臨床研究まで幅広い研究を行っています。

放射線防護研究センター

安全に安心して放射線を利用するためには、科学的な根拠に基づいた放射線取り扱いの規制や管理が重要です。
放射線防護研究センターは、放射線が人や環境にどのような影響を及ぼすか、その仕組みの解明と、定量的な評価を目指しています。

緊急被ばく医療研究センター/REMAT

緊急被ばく医療研究センターは、研究所設立の目的の1つにかかげている放射線による人体の障害に関する診断と治療に関する研究を行っています。

研究基盤センター

研究所に必要な先端的な研究開発を行うとともに、実験動物の供給など、基盤技術を提供しています。また、長期的な展望に立った研究設備の整備、および研究を安全に進めるための業務を行っています。

福島復興支援本部

2011年3月11日、未曾有の災害となった東日本大震災が発生し、その津波により東京電力(株)福島第一原子力発電所(以下、福島第一原発とする)で大規模な事故が発生しました。環境中に大量の放射性物質が放出され、多くの住民の方々が避難を余儀なくされたばかりでなく、環境中の放射線量の多さから未だ帰還することが困難な地域も多くあります。放射線医学の専門機関である放医研は、事故発生当初から様々な活動をおこなってきましたが、原子力災害からの復興を支援することを目的に福島復興支援本部を組織しました。

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • URL変更告知

ページの先頭へ戻る