第1回 院内製造PET薬剤の「製造基準」の教育プログラム 募集要項


募集は終了しました。

1. 目的

日本核医学会は、より安全かつ有効なPET臨床研究を推進することでPETの診療利用の促進を図ることを目的として、「分子イメージング臨床研究に用いるPET薬剤についての基準」(以下、基準)を設置しました(2011年10月)。この基準では、PET薬剤の院内製造の信頼性レベルを治験薬GMPレベルと設定し、臨床研究や高度医療のデータの信頼性の確保や申請資料等への利用促進による診療への橋渡しが効果的に行われることを期待しています。また、基準の遵守に関して日本核医学会が監査による認証を行い、信頼性の高い製造を行っていることに対して一定の評価を与えることとしています。

この度、各施設が本基準をスムーズに導入できるよう、放射線医学総合研究所は日本核医学会の後援を頂き、本基準の理解と施設の基準準拠整備の方法を教育する計4日間の講座を設けることとしました(以下、教育プログラム)。本教育プログラムでは、教材として基準書や手順書作成に応用できる文例集を提供し、すみやかに各施設が基準準拠に向けた活動をサポートしてまいります。

2. 応募資格

下記の方々の応募をお待ちします。

  1. PET薬剤の製造に関与している方(製造、品質管理、各部門責任者の方々など)
  2. PET薬剤製造を医療機関に委託して治験を行う製薬メーカーの方
  3. 病院内にGMP施設を構築することにご興味のある方
  4. PET薬剤装置の販売や保守を行っておられるメーカーの方

3. 募集人員及び研修日時

  1. 募集人員 10名
  2. 研修期間 2日間 X 2回 (計4日間コースです)
    集中講義1回目 平成24年6月14日(木)−6月15日(金)
    集中講義2回目 平成24年9月20日(木)−9月21日(金)

4. 実施場所

〒263-8555 千葉県千葉市稲毛区穴川4丁目9番1号
独立行政法人 放射線医学総合研究所
[交通:JR総武線稲毛駅(快速停車)より徒歩約15分]

5. 受講料

28,000円(消費税を含みます)

6. 研修内容

別表のとおり。

7. 申込要領

研修を受けようとする方は所定の申込書【様式1】に必要な事項を記入のうえ、平成24年4月30日(月)(必着)までに、放射線医学総合研究所 研修棟 人材育成室あてに郵送して下さい。

8. 受講決定及び受講者決定通知

申込締切後、応募者多数の場合には受講者および受講人数などを調整させていただくことがあります。申込についての結果は、平成24年5月下旬までに所属長および本人に文書で通知します。なお、研修開始日の2週間前を経過後も通知文が届かない場合は問い合わせ先までご連絡下さい。
ただし、通知文発送後の参加申し込みの取り消しは、原則として認めませんのでご承知おき下さい。

9. 修了証書の授与

セミナーの修了者には、修了証書をお渡しします。

10. 宿泊施設の利用

  1. 当研究所の研究交流施設(各部屋1人用の個室)に入居を希望される方は、申込書にその旨ご記入下さい。ただし、部屋数に制限があり、ご利用いただけない場合がございますのでご了承下さい。
  2. 研究交流施設使用料は1回3500円、または3700円です。決定額は受講決定通知時にお知らせいたします。(前泊を含む2泊3日分、消費税を含みます。宿泊する棟の築年数により料金が異なります)
    なお、当施設は賄い付きではないため、食事は各自、職員食堂等を利用していただくこととなります。

11. 問い合わせ先および申込書送付先

〒263-8555 千葉市稲毛区穴川4丁目9番1号
独立行政法人 放射線医学総合研究所 研修棟 人材育成室
TEL:043-206-3048(ダイヤルイン)
FAX:043-251-7819
E-mail:training@nirs.go.jp
放射線医学総合研究所ホームページ

研修内容詳細に関する問い合わせは下記にお願いいたします。

分子イメージング研究センター 運営企画ユニット 標準化推進室
TEL:043-382-3713(ダイヤルイン)
FAX:043-206-4079
E-mail: gmp@jsnm.org
分子イメージング研究センターホームページ

12. その他

  1. 受講に必要な諸事項(受講料及び宿泊施設使用料の納入方法、開講式日程、宿泊施設の入居要領等)は、受講決定通知時にお知らせします。
  2. 受講決定後でも、不適当な理由がある場合は、受講決定を取り消す場合があります。
  • 原発事故関連
  • 放射線教材・アニメーション
  • 5分でわかる!放医研
  • 寄付金等の取り扱いについて

ページの先頭へ戻る