放射線に関わる「知のアーカイブ」と「研究推進方策」をホームページ上に公開

2012年11月29日10時
独立行政法人 放射線医学総合研究所

概要

 独立行政法人放射線医学総合研究所(理事長:米倉義晴、以下、放医研)は、放医研の過去の研究から得られた知見をデータベースとしてまとめた「知のアーカイブ」、及び今後の放射線影響研究の指針ともなり得る「低線量・低線量率放射線影響研究分野における研究推進方策」を、それぞれホームページ上に公開しました。
 「知のアーカイブ」は東京電力福島第一原子力発電所事故(以後、東電福島第一原発事故)を受けて、放医研の過去の研究成果から、環境放射能とそれによる被ばくの問題を理解する際に参考になる情報を選別してとりまとめたものです。例えば、過去の大気圏内核実験の影響により、当時の食品中の放射性セシウムの量や、体内の放射性セシウムの量などがグラフなどで示されており、現在の状況について一般の方がご自身で考える材料になるかと思います。これらに関する情報は、内容的には専門家向けですので、今までは講演会等を介して情報提供してまいりましたが、より多くの方に知って頂くために、ホームページで紹介することにしました。解説文を作成するにあたっては、わかりやすさと正確さを心がけました。
 また、「低線量・低線量率放射線影響研究分野における研究推進方策」は、東電福島原発事故を経験した我が国の新たな研究推進政策の提言のために、放医研が外部有識者による委員会を設置し、重点研究課題及びそれを解決するための枠組みについて検討した結果を報告書としてまとめたものです。
 なお同時に、放医研がこれまで刊行してきた刊行物をより広くご利用いただけるよう、既刊の不定期刊行物を電子化(PDF化、機関リポジトリ化)してホームページ上に公開しました。合わせてご利用ください。

参考資料[PDF 122KB]

リンク

【知のアーカイブ】
【概要説明】[PDF 443KB]
【低線量・低線量率放射線影響研究分野における研究推進方策】[PDF 6.94MB]
【不定期刊行物】


プレスリリースのお問い合わせ

ご意見やご質問は下記の連絡先までお問い合わせください。

独立行政法人 放射線医学総合研究所 企画部 広報課

Tel:043-206-3026 Fax:043-206-4062

[an error occurred while processing this directive]
  • 原発事故関連
  • 放射線教材・アニメーション
  • 5分でわかる!放医研
  • 寄付金等の取り扱いについて

ページの先頭へ戻る