重粒子線治療をお受けになりたい方へ

治療可能な期間について

重粒子線治療装置は毎年度2回(夏と翌年春)、約1ヶ月間に渡り定期点検(改造・更新等含む)のため装置を休止いたしますので、その期間は治療も休止となります。治療可能な期間は、休止期間を除く、約10か月となります。疾患ごとに治療期間が異なるため、休止が近づくと照射回数の多い症例の治療が難しくなる場合があります。

詳細は電話等にてご確認ください。→ 連絡先


本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ