重粒子線治療について知りたい方へ

放射線の新しいエース・・・重粒子線


放医研の実績をもとに開発する新しいがん治療装置

放射線医学総合研究所(放医研)が、エックス線やガンマ線等によるがん治療を始めたのは1961年(昭和36年)に病院が開設されたときからですから、およそ40年、その実績は国内のみならず海外でも高く評価されています。

とくにサイクロトロンを用いて1975年(昭和50年)から開始した速中性子線や1979年(昭和54年)から開始した陽子線による粒子線治療は従来の放射線(エックス線、ガンマ線)治療ではなかなか効果があがらなかったがんに対して優れた治療成績を見ることができました。

しかし、速中性子線や陽子線でも治療の困難な種類のがんについては、速中性子線より優れた治療効果と陽子線と同様のシャープな患部集中照射特性を併せもった新たな粒子線による治療法を開発することが重要な課題になっていました。

そこで放医研では、これまでの研究成果を生かして、重粒子線の医学利用を推進することとし、そのために必要な重粒子加速器を建設しました。

治療に使われている放射線

放射線 在来型の治療用放射線 重粒子線
電磁波
非荷電粒子線
X線、γ線
中性子線
熱中性子線
速中性子線
荷電粒子線 電子線
重荷電粒子線
負パイ中間子線
陽子線
重イオン線
(原子番号≧2)
HIMACでの重粒子線はこれを意味する。

重粒子とは
広義には
電子より重いすべての粒子線
HIMACでは
ヘリウム以上の原子番号(≧2)を持つ原子の原子核(重イオン)ビームを指す。

放射線治療方法の関係

放射線治療方法の関係

重粒子線治療を実施している部位

脳腫瘍 / 頭頸部(口・のど・鼻・副鼻腔)にできるがん / 肺がん / 肝臓がん / 子宮がん / 前立腺がん / 骨や筋肉のがん / 頭蓋骨のなかの頭蓋底のがん / すい臓がん / 直腸がん /食道がん / その他の固形がん

重粒子線治療を実施している部位

(注) 図に示したものであっても、他の治療方で十分に治療が期待できるがんや、すでに他の部位に転移しているがん、またはその傾向の強いがんは、炭素イオン線治療の適応にはなりません。


2重リング方式による水平・垂直同時照射が可能

-正常組織の損傷をより少なく、しかも的確にがんをやっつける-

腫瘍の深さに応じて、垂直・水平ビームのエネルギーを変化させ、的確に照射することが可能です。

>2重リング方式による水平・垂直同時照射

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ