重粒子線治療について知りたい方へ

医師による診察

次に医師の診察では、主としてそれぞれの患者さんが重粒子線治療にむくかどうか の判断を致します。患者さんの全身状態、ご本人の同意能力の有無、病巣の状 態等、それぞれの疾患ごとに適格条件があります。このとき、原則として病気の経過がわかる様な当院への紹介状、CTやMRIなどの画像フィルム、病理組織報告書を持参頂いています。疾患によっては病理組織標本を主治医の先生より拝借し、 病理診断を再確認させていただくこともあります。くわしくはそれぞれの項目をご参照ください。

  1. 問診
  2. 医師による診察
  3. 説明と同意
  4. 治療の準備
  5. 固定具の作成
  6. CTシミュレーション
  7. 治療リハーサル
  8. 照射
  9. 終了時の効果判定/外来での経過観察
本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ