重粒子線治療の説明

「がん」はどんな病気
がんの多くは身体にできる悪性腫瘍のことです。悪性腫瘍は、こぶやおできのような良性腫瘍と異なり、近くの組織や臓器に浸入し破壊したり(浸潤)、身体の別な部分に拡がり、新しい腫瘍を作ります(転移)。

放射線ががん治療に使われる理由
がんの治療には、どんな治療法がありますか?
どんな放射線をがんの治療に使うのですか?

重粒子線の特徴
重イオン線(重粒子線)には、どんな特徴がありますか?
重イオン線は、ほかにも治療に適した特徴がありますか?
がん治療装置について教えてください。

重粒子線治療の流れ
重粒子線治療を受けられる方が、実際にどのような段階を経て、照射にいたり、その後どのようなケアを受けるのかをご説明いたします。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ