看護課のご紹介

7. 放射線治療の有害反応

放射線治療による有害反応(副作用)には、治療期間中におこるものと、治療後数ヶ月〜数年たっておこるものがあります。

治療期間中に生じた反応は治療終了後には回復します。例えば照射した皮膚は、日焼けのように赤くなり、かゆみやヒリヒリ感が出現することがありますが、照射終了後2〜3週で軽快します。放射線の反応は、患者さんの年齢、病気の種類、照射された部位(臓器)、線量などにより、一人一人異なります。また、症状によっては、治療や処置が必要なこともあります。あらかじめ、主治医より具体的な副作用についてお聞きください。

照射開始後に体調が変わったり、何か症状が出た場合には、すぐに医師や看護師にご連絡ご相談ください。

  1. はじめに
  2. 放射線治療とはどのようなものでしょうか
  3. 放射線の種類と治療方法
  4. 治療計画について
  5. 放射線治療のすすめ方
  6. 照射室内での注意
  7. 放射線治療の有害反応
  8. 放射線治療中に守っていただきたいこと
  9. 治療が終わって
本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ