薬剤室のご紹介

痛み止めの薬の種類

痛みの治療に用いられる痛み止めの薬には、つぎのような薬があります。


分類 代表的なお薬 作用・効果
非ステロイド性消炎鎮痛薬 カロナール錠
ボルタレン錠
ボルタレンSRカプセル
ロキソニン錠
モービック錠
ハイペン錠
セレコックス錠
痛みが起こっているところで作られている痛みを感じやすくする物質(プロスタグランジン)の生成を抑えて痛みをやわらげます。
弱オピオイド鎮痛薬 コデインリン酸塩末・酸・錠
トラマールカプセル
痛みを伝える神経と痛みを感じる脳に働いて痛みをやわらげます。「オピオイド鎮痛薬」と呼ばれ、鎮痛効果の差から弱オピオイド鎮痛薬強オピオイド鎮痛薬に分かれます。
強オピオイド鎮痛薬 モルヒネ塩酸塩末・錠
MSコンチン錠
MSツワイスロンカプセル
モルペス細粒
カディアンカプセル・
ステック粒
ピーガード錠
パシーフカプセル
オプソ内服液
アンペック坐剤
オキシコンチン錠
オキノーム散
デュロテップMTパッチ
ワンデュロパッチ
フェントステープ
鎮痛補助薬
※おもに痛みの治療以外の目的で使用される薬で、鎮痛効果はないがモルヒネなどの鎮痛薬と併用すると痛みに有効な薬です。
【神経因性疼痛治療薬】
リリカカプセル
モルヒネなどの痛み止めの薬が効きにくい神経組織が傷つくことによって起こる"刺すような痛み"、"しびれるような痛み"や"ビリビリするような痛み"など(神経性疼痛と呼ばれる。)に効果があります。
【痙攣薬】
アレビアチン錠
ガバペン錠
テグレトール錠
デパケンR錠
ランドセン錠
【抗不整脈薬】
メキシチールカプセル
【抗うつ薬】
アモキサンカプセル
トリプタノール
【ステロイド】
デカドロン錠
プレドニン錠
リンデロン錠
神経が圧迫されて起こる痛みに効果があります。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ