薬剤室のご紹介

−点眼薬・眼軟膏の使い方−

(1)点眼薬の使い方

  1. 手をきれいに洗って下さい。

  2. 頭を後方にかたむけ、天井を見つめるようにして下さい。下まぶたを引いて1滴そっと点眼します。ふつう、1滴入れば十分です。容器の先がまぶたやまつげに触れないように注意して下さい。

  3. 点眼後は、静かにまぶたを閉じ約1分間目を閉じたり目頭を押さえたりして下さい。

  4. あふれた点眼液は、清潔なガーゼやティッシュペーパーでふき取って下さい。

  5. 2種類以上の点眼液を使用する場合は、5分以上間隔をあけて下さい。

  6. 使用回数は、きちんと守って下さい。

(2)眼軟膏の使い方

  1. 手をきれいに洗って下さい。

  2. 鏡を見ながら、下まぶたを引いて、まぶたの内側に横に細長く軟膏を入れて下さい。このとき容器の先が眼球やまぶた、まつげに触れないように注意して下さい。

  3. つけ終えたら軽くまばたきをして下さい。

  4. 容器の先を清潔なガーゼかティッシュで拭き、ふたをして下さい。

(3)保存その他の注意

  1. 高温・多湿をさけ直射日光の当たらないところに保管しましょう。冷蔵庫に保管する必要がある場合は、『要冷蔵』と書かれています。凍らせないように注意して下さい。また、冷蔵庫に保管してあった目薬は、しばらくおいてから点眼しましょう。冷たいまま点眼すると刺激があります。

  2. 幼児の手の届かないところに保管してください。

  3. ソフトコンタクトレンズや酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着したまま、目薬はささないで下さい。レンズに薬や保存剤が吸収され角膜に長時間薬や保存剤が接するため目に刺激が生じたり、レンズの性状に影響します。
本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ