薬剤室のご紹介

−飲み薬の飲み方−

(1)決められた量と時間を守りましょう

薬の飲む量や飲む時間は、医師が患者さん一人一人の病気の状態、年齢、体質はもちろん薬の効果の出方や副作用の防止などについて十分に考慮して決めています。自己判断は危険です。


食前30分 食事の30分位前に飲むという意味です。おもに食欲増進薬や胃酸の影響をうけると効き目が悪くなる薬、食後に飲むと吸収が悪い薬などを食前に飲みます。
食直後また
食後30分
食事が終わったらすぐに、もしくは30分以内に飲むという意味です。胃の中に食べ物があるため胃の粘膜を荒らすことが少なく、のみ忘れも防ぎやすいという利点があります。空腹時に飲むと吸収が悪い薬などは食直後に飲みます。
食間 食事と食事の間の空腹時(食事の約2時間後)という意味です。胃や十二指腸の粘膜を守る潰瘍の薬などを飲みます。
○時間ごと 食事に関係なく一定の時間ごと(6時間ごと、8時間ごとなど)に飲むという意味です。おもに抗生物質や抗菌薬などです。
頓服 痛いとき、眠れないとき、便秘のときなどの症状に応じて飲むという意味です。症状がなければ飲む必要はありません。

(2)薬の形(剤形)にあった飲み方をしましょう

薬には、薬の性質や目的によりいろいろな形(剤形)があります。薬の形にあった飲み方をしましょう。ただし、すべての薬は必ずコップ一杯以上のお水または白湯と一緒に飲んで下さい(水分の摂取量に制限を受けている方は、医師に相談して下さい)。

粉薬・顆粒剤:
飲みづらいときは、オブラートに包んでのんでもかまいません。また、嚥下補助ゼリー(ゼリー状のオブラート:薬局・薬店などで販売されています。)を薬にからめて飲み 込むと飲みやすくなる場合があります。

錠剤・カプセル剤:
1回に飲む個数を確かめ、シートから出して飲んで下さい。手に力が入らないため押し出しづらいときは、補助器具(薬局・薬店で販売)を利用すると楽に薬を取り出すことができます。

錠剤やカプセル剤の中には、効果を持続させるため徐々に溶けるように工夫されたり、胃酸で分解しないように工夫されたものなどがあります。錠剤をかみ砕いたり、カプセルをあけて飲んだりしないで下さい。飲みづらいときは、医師や薬剤師に相談して下さい。

液剤:
よく振ってから、1回分を薬に添えてあるカップやスポイトなどを使って飲んで下さい。目盛りを使って飲む場合は必ず別の容器に移して飲んで下さい。直接ビンに口をつけて飲むと薬に雑菌がはいりやすくなるのでやめましょう。液剤は、冷蔵庫に保管して下さい。

(3)薬の飲みあわせ(相互作用)に注意しましょう

他の病院でもらった薬や薬局で買った薬を一緒に飲む場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。薬の飲みあわせによっては、効果が現れなかったり、副作用が出たりすることがあります。とくに高齢者の方は、慢性の病気をもっていたり同じ時期に複数の病気にかかったりすることが多く、一度にたくさんの薬を飲むことになるため注意が必要です。

また、食べ物や嗜好品とも相互作用が起こることがあります。
代表的なものは

アルコールと睡眠薬、抗不安薬、抗ヒスタミン薬など
ワーファリンと納豆、クロレラ
二フェジピンなどの血圧降下薬とグレープフルーツ、グレープフルーツジュース
各種抗生物質と牛乳、ヨーグルト

などがあげられます。

薬の飲みあわせについて詳しくは医師、薬剤師にご相談下さい。

(4)他人の薬を飲んだり、他人に薬をゆずることは絶対にやめましょう

医師から処方された薬は、その患者さんだけに合わせて処方されています。薬を譲ったり、譲られたりは絶対にやめましょう。

(5)薬の保管に注意しましょう

温度、湿度、光に注意しましょう。高温・多湿をさけ直射日光の当たらないところに保管しましょう。冷蔵庫に保管する必要がある場合は、『要冷蔵』と書かれています。ただし、凍らせないように注意して下さい。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ