画像診断について

超音波検査(おおむね20分から30分)

胆嚢は食事をしてしまうと、収縮してしまいます。ですから、胆嚢検査を行う時は、食事を抜いていただくことが必要です。たいていの病院では、朝食を抜いていただくことが多いようです。また、食事により膵臓がやや見えにくくなるので、原則として上腹部の検査の時には、食事を抜いていただくことが良いようです。水分は可ですが、水分に関しては病院により方針が異なります。なお、水分というのは、水道水くらいだと思ってください。

子宮や前立腺、膀胱の検査の時には、尿を貯めていただかなければなりません。膀胱が縮んでしまうと検査が難しくなります。子宮の検査の時に尿をためていただく理由は、ふくらんだ膀胱を通して子宮を見たほうが明瞭に見えるからです。乳房、甲状腺の超音波検査に関しては、特に注意はありません。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ