画像診断について

消化管の造影検査(おおむね20分から40分)

胃や食道の検査の時には、食事を抜かなくてはなりません。水分も駄目です。大腸のバリウムの検査の時には、食事を抜くだけでなく、腸の中をきれいにするために、前日から、特別な食事(食事が塊として残らない)をしていただくことになります。また、下剤を飲んでいただき、便が塊として残らないようにしなくてはなりません。便をポリープと誤判断するのを防ぐためです。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ