がん治療最前線 放医研ニュース

放医研のホームページが開きます。

シリーズ35
中枢神経系腫瘍に対する重粒子線治療

中枢神経系腫瘍に対する従来の光子線による放射線治療では、抗がん剤と併用しても、放射線感受性の低い腫瘍が多く、その局所制御率は低い。また、腫瘍周囲の正常脳や近接する組織(視神経、脳幹等)の障害を最小限にする必要があるため、これらが制限因子となり、十分な治療線量を照射することが不可能なことが多い。このような難治性の腫瘍に対して多くの試みがなされたが、有効な治療法はまだ存在していない。これに対して高RBEという生物効果と荷電粒子線としての良好な線量分布を併せ持つ重粒子線の効果が期待されている。

シリーズ34
眼球脈絡膜悪性黒色腫に対する重粒子線治療

眼球脈絡膜悪性黒色腫は日本での発症が年間およそ30人と大変めずらしい疾患です。かつては非常に予後の悪い疾患と考えられ、わが国では長く眼球摘出が行われてきました。この疾患の多い欧米では、眼球温存療法として放射線治療が広く普及しています。当施設でも1986年に本腫瘍に対して眼球温存を目的とした陽子線治療がはじめて行われました。さらに、その後の治療実績をもとに2001年からは炭素イオン線による臨床研究が開始され、高い局所制御率と眼球温存率が示されました。現在では高度先進医療に移行し、従来は温存療法の対象とはならなかった腫瘍に対しても、眼球を温存した状態での高い局所制御をめざしています。

シリーズ33
直腸がん局所再発に対する重粒子線治療

大腸(結腸+直腸)がんは1960年には死亡率でがん全体の5.5%でしたが、2001年に12.3%と急激に増加しています。なかでも直腸がんは術式や手術操作の改良が行われてきましたが、現在でも再発率は10から30%以上と依然として高い値を維持しています。再発症例は肺・肝臓などの遠隔転移がなく局所再発のみの割合が多く、長期間にわたり再発巣を持ったまま生存するため、患者さんは疼痛をはじめとする種々の症状に悩まされ、極めて管理が難しいことが特徴です。

シリーズ32
子宮がんに対する重粒子線治療

子宮がんに対する重粒子線治療では、子宮病巣中心部に向かって照射標的を絞り込んでいく照射法の開発を重ねてきました。その結果、健常臓器の有害反応は軽減され、腫瘍制御は線量の増加とともに向上しています。大きな頸部扁平上皮がんも制御されており、腺がんにも高い効果が得られています。

シリーズ31
前立腺がんに対する炭素イオン線治療の安全性と有効性

放医研の重粒子線医科学センター病院では、平成7年6月から重粒子加速器(HIMAC)を用いて、271名の患者さんに対して炭素イオン線による前立腺がんの治療を行ってきましたが、5年の生化学的非再発率が80%と他の放射線治療と比較して極めて高い成績を示しています。

シリーズ30
骨軟部肉腫における重粒子線治療の有効性について

気道(肺)や消化管など、体の外界と通じている部分から発生する悪性腫瘍をがん(癌腫)といいますが、骨や軟部組織(筋肉、脂肪や神経など)から発生する悪性腫瘍は一般に肉腫とよばれ区別されています。

シリーズ29
期待される肝臓がんの新しい治療法
根治性と低侵襲性を兼ね備える重粒子線治療

肝がんは、肝臓原発の原発性肝がんと、他臓器悪性腫瘍が肝臓に転移した転移性肝がんに大きく分けられる。原発性肝がんはさらに、肝細胞ががん化した肝細胞がん(95%を占める)と胆管上皮ががん化した胆管細胞がん(3%)に大別される。重粒子線治療の臨床試験は原発性肝がんの大半を占める肝細胞がんを対象としている。

シリーズ28
末梢型I期非小細胞肺癌に対する重粒子線治療
照射法の改良-1回(連続4門)照射法-

わが国の悪性腫瘍のうちの死亡原因の第一位が肺がんとなってから久しいが、さらに患者数は増加する傾向にあり、がん統計白書(篠原出版新社、1999)によると2015年には倍増し、男女合わせて約13万5千人が肺がんに罹患するとされている。

シリーズ27
頭頸部悪性腫瘍に対する炭素イオン線治療の途中解析
-粘膜悪性黒色腫について-

重粒子医科学センター病院では、1994年6月より世界で初めて医療目的で設立された重粒子加速器(HIMAC : Heavy Ion Medical Accelerator in Chiba)を用いて炭素イオン線による癌治療臨床試験が開始されています。そして、先ずは頭頸部悪性腫瘍を対象に臨床試験を開始され、以降多くの部位の臨床試験が行われています。その結果および途中経過をみると、当初の予想通りかそれ以上の良好な結果が得られています。

シリーズ26
膵臓がん -画期的な局所療法として注目される重粒子線治療-

膵臓は英語ではpancreasといいますが、語元はギリシア語のpan(すべて)とkreas(肉)からきております。膵臓は上腹部にあり、胃のうしろに位置して前を腹膜に被われております。

シリーズ25
手術のできない骨肉腫に対する重粒子線治療

骨にできる悪性腫瘍には、大きく2つの種類があります。一つは、肺、乳房、前立腺など骨以外の臓器にできた癌が転移してできるもので、もう一つは、骨そのものに悪性腫瘍が発生するものです。この骨から発生する悪性腫瘍は、一般に肉腫と呼ばれ、皮膚や気道、消化管など直接外界と通じている細胞(上皮組織)から発生する悪性腫瘍(癌腫)と区別しています。

シリーズ24
診療放射線技師の重粒子線治療へのかかわり
- 9年間の参画と努力による進歩 -

重粒子線治療の臨床試行が開始されてから、9年が経過しようとしています。重粒子線治療装置の設計計画から携わり、医師、物理士、エンジニアの方々との話し合いや試行錯誤を繰り返していたことが懐かしく思い出されます。頭の中で思い描いていた治療の流れや治療用の各種操作などは実際に治療をして見ると、その欠点や長所が発見され再度の検討や治療計画の改良が加えられてゆきます。

シリーズ23
経皮吸収型持続性がん疼痛治療剤 - フェンタニルパッチ -

1986年に「WHO方式がん疼痛治療法」が発表され、わが国においてもがん疼痛治療におけるモルヒネに代表されるオピオイドの有効性が理解されるようになってきた。しかし、海外に比べ発売されているオピオイド製剤が少なく(表1)、モルヒネによる強い副作用発現、急速な耐性の出現や管理困難な疼痛時などの場合の代替オピオイドが少ないことが問題であった。2002年3月に新しい経皮吸収型のオピオイド製剤『フェンタニルパッチ(商品名:デュロテップパッチ)』が発売され臨床で使用されてきているので紹介する。

シリーズ22
前立腺がんの診断と治療 - PSAの発見と臨床応用 -

前立腺癌は、アメリカでは男性の悪性腫瘍の内で、断然トップの罹患率と肺癌に継ぐ2位の死亡率を示す高頻度の癌であり、診断、治療それぞれについて、毎年数多くの論文が発表されています。MRI、経直腸エコー、monoclonal抗体を用いた核医学検査(ProstaScint)を中心とする画像診断や、強度変調放射線治療(IMRT;Intensity Modulated Radiotherapy)、組織内照射、粒子線治療などの放射線治療に関して、毎月のように新たな知見、情報が流布されています。

シリーズ21
子宮体がんの放射線治療

子宮には体部(胎児を育てる場所)と頚部(子宮の入り口)があり、それぞれに発生したがんを子宮体がん、子宮頚がんと呼びます。この両者が区別されるのは、病気の性格や治療方法が異なるためです。ここでは子宮体がんの特徴を書きます。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ