適応となっている疾患について

食道

食道癌の重粒子線治療

現在、食道癌に対して行っている重粒子線治療は、臨床病期供↓郡食道癌に対する化学療法併用術前炭素イオン線治療の第I/II相臨床試験です。扁平上皮癌が対象です。手術との併用治療ですので、病巣が手術により切除できることが必要条件になります。肝臓や肺、遠隔リンパ節などに転移がある患者さんは適応外になります。

受診に必要な事柄、適応の条件、治療の流れ、これまでの結果などを以下に説明します。

  1. 当院を受診していただくに際して
  2. 食道癌の一般的な治療について
  3. 化学療法併用術前重粒子線治療について
  4. 食道癌に対する重粒子線治療の手順
本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ