適応となっている疾患について

4.涙腺腫瘍の治療の流れ


  1. 初診:
    眼球腫瘍に対する当院での治療の方法としては、まず紹介していただいた病院からの資料や外来受診時のCTやMRI画像などをもとに治療の適応の有無を判断します。適応があると判断されたら、治療の準備に入ります。
  2. 準備入院:
    熱可塑性の樹脂による固定具を作製し、頭部を固定します。後日、固定具をつけた状態で治療計画用CTを撮影します。このCT画像を用いて、治療担当医が照射すべき領域を入力します。準備入院期間の最後に治療の説明ならびに同意の確認(インフォームドコンセント)を行います。署名後にキャンセルすることも可能です。
  3. 治療入院:
    治療前日に入院のうえ、翌日から治療開始となります。治療回数は12回です。重粒子線治療は週4回(火、水、木、金)です。照射そのものは痛みや熱感などの刺激を伴うものではありません。照射室に入って、治療台に乗っていただいたら、担当技師による位置合わせを行います(通常15分程度)。その後照射が行われますが、1回の治療に要する照射時間は1分程度です。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ