適応となっている疾患について

I. 肝細胞がん

当院を受診していただくに際して

肝細胞がんに対する重粒子線治療を目的として当院を受診していただく場合には以下の点に御注意いただけると受診以後の診療が円滑に進められます。

1) 持参していただきたい資料

  1. 主治医よりの紹介状(肝機能、腫瘍マーカー等の血液検査データを含む)
  2. 肝細胞がんの診断に施行されたCT、MRI、血管造影など診断画像のCD-R(DICOMフォーマット)。
    フィルムはなるべくさけて下さい。 (CTまたはMRIのどちらか一つは必須)

2) 重粒子線治療を受けるための条件は適応を参照して下さい。ただし、以下の場合は基本的に適応となりませんので、あらかじめご了承下さい。

  1. 肝外転移を有する
  2. すでに治療対象病巣に放射線照射が行われている
  3. 介助なくては身の回りのことが出来ない、あるいは半日以上ベッドで生活している

受診は予約制となっております。


I. 肝細胞がん

当院を受診していただくに際して

  1. 肝細胞がんの特徴、重粒子線治療研究の背景、既存の治療法
  2. 重粒子線治療研究の経緯および現状
  3. 重粒子線治療の方法
  4. 臨床試験の治療成績
  5. 先進医療の適応条件と、今後の展望
  6. 治療計画用CT画像と重粒子線の線量分布図
  7. 治療前後の実際のCT画像(3症例)
本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ