肺がん:適応となっている疾患について

当院を受診していただくに際して

1) 持参していただきたい資料

現在診療中の病院の主治医による紹介状(必須)。そのほかCTなどの画像資料、血液検査、肺機能検査等のデータがあればお持ちいただけると助かります。また肺がんの診断が確定した際の病理プレパラートをお借りすることがあります。

2) 重粒子線治療を受けるには原則として下記の条件の方が適応となります。疾患別の適応条件は別項をご参照下さい。

  1. ご本人が自身の病気について十分に説明をうけていること。
  2. 介助なく日常生活ができること。
  3. 病理組織または細胞診による診断が得られていること。
  4. 孤立性の病巣であること。

3) 新患(担当:馬場、山本)外来日は、火曜日、水曜日、木曜日です。

受診は予約制となっております。


当院を受診していただくに際して

  1. 重粒子線治療の適応
  2. 重粒子線治療の手順
  3. これまでの治療成績
本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ