臨床検査・病理室の概要

検査・病理室の概要
当院は、放射線単科病院であり重粒子線治療をメインに癌治療に当たっています。臨床検査室においても、重粒子線及び放射線治療の適応疾患に有用かつコストの効率化を踏まえた検査を目標に検査室を運営しています。

臨床検査業務案内
臨床検査は、人の体から排出される尿や便、体を流れている血液や髄液、体を作っている細胞や臓器などを微量に採取し、物理的、化学的な測定技術と検査技師の確かな技術を活かし、体の中でおきているさまざまな現象を検査データという情報として医師や患者さんにお知らせする仕事です。

病理診断のご紹介
一般的な病理診断について 。当院の特殊な病理診断について(放射線病理)。

病理検査業務案内
病理検査とは病理学領域内の臨床検査をいいます 。

疾患別検査案内
重粒子線治療適応疾患について、当院で行っている主な臨床検査項目を腫瘍マーカー中心に紹介します。

臨床検査を受ける患者さんへお願い
採血される方へ、生理機能検査を受けられる方へ、その他

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ