病理検査業務案内

病理検査業務案内

病理検査とは病理学領域内の臨床検査をいいます。

1. 病理検査業務

患者さんの病変部から採取された組織の小片や、喀痰・腟・気管支・胸水・腹水中の剥離細胞や、擦過または吸引により採取された材料を用いて、病理医が病理診断を行うために必要な標本を作製し病理医に提供します。病理医は作成された標本を顕微鏡で観察し、レポートとして臨床医に結果を報告します。臨床医は、病理レポートに基づき、治療を開始します。

病理診断は、当院では重粒子治療における治療前・治療中・治療後の治療方針等の決定や治療効果の状況判断などを行う情報の一つとしての欠く事の出来ない検査です。

2. 病理検査の目的

病理医が組織及び細胞の形態学的変化を識別し病理診断を行うための補助を目的とします。特に当院では重粒子治療における治療前・治療中・治療後の治療方針等の決定や治療効果の状況判断などを行う情報の一つとしての病理診断には欠く事の出来ない検査です。

3. 業務内容

病理標本作製-病理診断目的のため次の検査を行います。

検査内容

1. 生検 (組織診検査)
患者さんの病変部より採取された組織の小片について染色標本を作製します。

2. 細胞診検査
患者さんの喀痰・腟・胸水・腹水の剥離細胞や、擦過・吸引により採取された検査材料をもって染色標本を作製します。

3. 院外手術材料・剖検材料の組織診検査をします。

4. 院内外で採取された被ばく患者さんの組織診及び細胞診検査をします。

4. 病理解剖の介助と病理解剖による剖検

1. 病理解剖の介助をします。

2. 病理解剖により採取した組織の小片や細胞成分の検査をします。

5. 病理検査技師の現状について

病理検査業務に関しては、臨床検査技師が対応しています。しかし、病理業務は特殊性が高く、また、技術的にも高度な研鑽が必要とされています。経済効率優先で組織運営がされていることが多い中で、こうした品質の高い病理標本を作製する技術をもった技師の確保がいま、必要とされています。

" 国立大学附属病院の医療提供機能強化を目指したマネジメント改革について (提言) "に対する日本病理学会の公式見解 (抜粋) を引用します。

国立大学医学部附属病院長会議常置委員会委員長
千葉大学医学部附属病院長
伊藤 晴夫 先生

平成14年3月20日
社団法人日本病理学会理事長 秦 順一

病理診断が医行為である以上、むしろ診療科と同様に病院病理部に専従する病理医を責任者とし、病理診断の質を向上・維持し、病理医を育成する必要がある。診療支援部として臨床検査技師、放射線技師、薬剤師を統括する部門を設置し、人員配置を流動的、有効に行うことを目指すとあるが、専門性が高く、異なる職種を一括して管理することには無理があり、効率的ではない。同じ臨床検査技師としても病理部技師は特に専門技術の必要性が高い。病理・細胞診標本作成の外部委託は病理学的確定診断や臨床診断の検証を円滑、かつ十分に実施することを不可能にすることになる。

疾患部位別病理検査依頼について

当院で受付ける疾患部位別の受付け状況は次の通りです。

尚、借用標本については生検・細胞診・手術材料・ブロック標本があります。

  1. 脳・頭頸部
    ほとんどが借用標本ですが、院内での頸部の皮膚や腫瘤からの検査依頼があります。


  2. ほとんどが借用標本での検査依頼です。


  3. 院内での気管支鏡による生検と細胞診の検査依頼と借用標本(生検・細胞診)による検査依頼です。

  4. 肝臓
    院内での生検と細胞診の検査依頼と借用標本による検査依頼です。

  5. すい臓
    ほとんどが借用標本と借用検体での検査依頼です。(手術材料・ブロック標本)

  6. 直腸
    ほとんどが借用標本での検査依頼です。

  7. 子宮
    院内での生検と細胞診の検査依頼と借用標本による検査依頼です。

  8. 前立腺
    ほとんどが借用標本での検査依頼です。

  9. 骨・軟部腫瘍
    院内での生検と細胞診の検査依頼と借用標本による検査依頼です。

  10. その他
    院内での生検と細胞診の検査依頼と借用標本による検査依頼です。
本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ