臨床検査室のご紹介

生理機能検査

○心電図検査

心電図検査は心臓の病気(不整脈の判定、狭心症、虚血性心疾患、心筋梗塞、心肥大、冠不全等)の診断に利用されます。

患者さんの両手首、両足首、胸部に電極装着し、心電計を使って心臓から伝わってくる弱い電気的信号を波形として記録したのが心電図です。

検査は通常、安静時12誘導心電図を記録しています。

○呼吸機能検査

呼吸機能検査は肺の機能を調べる検査です。この検査を行うことで肺気腫、気管支喘息、慢性気管支炎、肺繊維症等が判ります。

当院では主に重粒子線照射による肺の治療効果をみるときに行われます。検査は患者さんに大きく息を吸ったり吐いたりしてもらい肺から出入りする空気の量を測定します。測定項目は肺活量(VC)、努力性肺活量(FVC)、クロージングボリューム(CV)、残気量(FRC)、肺拡散能力(DLCO)の5項目です。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ