臨床検査・病理室ののご紹介

一般検査(尿検査)

○尿定性検

尿定性検査は、尿中のPH、蛋白、糖、潜血などを調べる検査です。

腎臓や尿路の疾患、糖尿病、肝臓病、骨髄腫、悪性腫瘍などの診断に役立ちます。

○ 尿沈渣

尿沈渣は、尿中の細胞や異物を調べる検査です。

自動分析機にてスクリーニングを行い、異常検体については、顕微鏡を使い確認しています。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ