臨床検査・病理室のご紹介

血液検査

○血球計算

血球計算では白血球数、赤血球数、ヘマトクリット値、ヘモグロビン濃度、血小板数を調べます。白血球数は細菌やウイルスの感染、炎症性疾患、白血病など赤血球数とヘモグロビン濃度は貧血など、血小板数は肝臓疾患や紫斑病の診断に役立ちます。

○凝固検査

凝固検査は、血液が凝固する(出血が止まる)機能を調べる検査で、プロトロンビン時間、ヘパプラスチン時間、フィブリノーゲン濃度、出血時間、凝固時間を測定しています。肝臓疾患やDICの診断に役立ちます。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ