臨床検査・病理室のご紹介

生化学検査

生化学検査は、血液を遠心分離し得られた血清成分を化学的に分析し各臓器の状態を知る検査です。たとえば糖尿病では血糖値、肝臓病では AST、ALT、γ-GTP など、腎臓病ではクレアチニンや尿素窒素成分などの変化を捕らえることで、病気の診断をサポートします。

本文はここまでです。この後に、関連リンクが続きます。 ページトップへ