緊急被ばく医療研究センター
緊急被ばくメニュー1
緊急被ばくメニュー2

<< 緊急被ばく医療Q&Aトップ

question answer

「緊急被ばく医療」とは何ですか?

放射線事故・災害により被ばくした方に対する医療のことです。通常の救急医療対応に加え、どういう放射線による被ばくなのか、体内や体外に放射線を発する物質が残存している(汚染している)のか、被ばく線量はどのくらいなのかを明確にし、どういう症状がいつ頃出るのかを等を明らかにすることが必要です。その為、放射線測定や放射線核種分析の専門家の協力を得て、測定機器と計算から提供されるデータと血液や染色体検査に基づいて診断し、治療が行われます。汚染がある場合は除染、放射線管理、防護の専門家の協力も必要です。このように様々な分野の専門家と医師・看護師・技師など医療関係者との協力で成り立つ放射線被ばく時の医療が緊急被ばく医療です。また被ばくしたのかどうかわかりにくいため、様々な不安に対して健康影響への説明、心のケアも緊急被ばく医療には重要な要素となります。

  放医研における緊急被ばく医療

ページトップ
ホーム 緊急被ばく医療研究センター 組織について 放医研の役割について 緊急被ばく医療体制について 被ばく事故対応の事例 緊急被ばく医療施設の紹介 業務実績について 緊急被ばくQ&A 医療・防災関係者の方々へ