緊急被ばく医療研究センター
緊急被ばくメニュー1
緊急被ばくメニュー2

医療・防災関係者の方々へ >

被ばく事故に遭遇した時の心得

もし放射線事故を起こしたら
被ばく事故に遭遇した時の心得
  1. 救命を優先する
  2. 被ばく・汚染部位を拡大させない
  3. 被ばくと汚染を区別する

救命は何よりも優先されますが、汚染を広げないような処置を行います。事故と汚染は必ずしも同じではありません。

被ばく者に対する心得(優先順位順)
  1. 救命
  2. 汚染の有無、汚染部位の固定
  3. 除染
  4. 高次医療施設への転送
被ばく事故患者診察のポイント
  1. 救命を優先
  2. 放射線安全管理者との共同作業が重要
  3. 放射性物質による創傷汚染は?核種は?
  4. 放射線防護三原則 (距離、時間、遮蔽)の励行
  5. 治療指針について急いで放医研に相談

ページトップ
ホーム 緊急被ばく医療研究センター 組織について 放医研の役割について 緊急被ばく医療体制について 被ばく事故対応の事例 緊急被ばく医療施設の紹介 業務実績について 緊急被ばくQ&A 医療・防災関係者の方々へ