緊急被ばく医療研究センター
緊急被ばくメニュー1
緊急被ばくメニュー2

緊急被ばくに関する研究 > 4.研究実績一覧 > 平成14年度 研究実績一覧

 平成14年度 研究実績一覧

  1. 高線量被ばくの病態生理に関する研究
  2. 体内除染剤研究
  3. 緊急時精密測定・評価システムの開発
  4. 放射線障害低減化研究(含防護剤)
  5. 緊急時環境汚染対応研究

I. 高線量被ばくの病態生理に関する研究

緊急被ばく医療研究センター: 平間敏靖、蜂谷みさを、安齋尚之、近藤久禎、河村砂織、高井大策、朴相姫、川口利華、高田康成、原田和美
放射線障害研究グループ: 小池学、二宮康晴、小池亜紀、大場基

研究発表:

(原著論文)

  1. Hirama, T., Tanosaki, S., Kandatsu, S., Kuroiwa, N., Kamada, T., Tsuji, H., Yamada, S., Katoh, H,, Yamamoto, N., Tsujii, H., Suzuki, G,, Akashi, M. : Initial medical Management of patients severely irradiated in the Tokaimura criticality accident. Br. J. Radiol.(2003 in Press)

  2. Sagara M, Takeda E, Nishiyama A, Utsumi S, Toyama Y, Yuasa S, Ninomiya Y, Imai T. : Characterization of Functional Regions for Nuclear Localization of NPAT. J. Biochem 132(6): 875-879, 2002

  3. Takada, Y., Hachiya, M., Park, S.H., Osawa, Y., Ozawa, T., Akashi, M. : Role of reactive oxygen species in cells overexpressing manganese superoxide dismutase : Mechanism for induction of radioresistance. Mol Cancer Res.1:137-146, 2002

  4. Park, S.H., Lee, Y.S., Osawa, Y., Hachiya, M., Akashi, M. : Hsp25 Regulates the Expression of p21(WAF1/Cip1/Sdi1) through Multiple Mechanisms. J. Biochem 131: 869-875, 2002

  5. Anzai, N., Lee, Y., Youn, B., Fukuda, S., Kim, Y., Mantel, C., Akashi, M., Broxmeyer, H.E. : c-kit associated with the transmembrane 4 superfamily proteins constitutes a functionally distinct subunit in human hematopoietic progenitors. Blood 99: 4313-4421, 2002

  6. Yoshida, K., Aizawa, S., Watanabe, K., Hirabayashi, Y. Inoue., T. : Stem-cell leukemia: p53 deficiency mediated suppression of leukemic differentiation in C3H/He myeloid leukemia. Leukemia Res 26 : 1085-1092, 2002

(学会発表)

  1. Hachiya, M., Hirama, T., Takada, Y., Akashi, M,. : The role of intracellular hydrogen peroxide in the cell growth of human promyelocytic cells HL60. American Association for Cancer Research, 93nd Annual Meeting, San Francisco. America, 2002. 4.5-10

  2. Takada, Y., Park, S, H., Hachiya, M., Hirama, T., Akashi, M. : MnSOD inhibits monocytic differentation of human histocytic lymphoma cell line U937 by TPA., 93rd Annual Meeting, San Francisco, 2002. 4.6-10

  3. Akashi, M., Hirama, T. : Experiences from the Tokai-mura Criticality accident. 4th France-Japon Workshop on Radiobiology and Imaging, Paris. France, 2002. 6.23-27

  4. Park, S.H., Hachiya, M., Akashi, M. : Catalase Promotes Apoptosis Induced by TNF-alpha in Human Hepatoma Cells SK-HEP-1. 日本放射線影響学会第45回大会、仙台、2002.9.18-20

  5. 高井大策、平間敏靖、明石真言:抗酸化酵素の過剰発現がmtDNA酸化的ダメージに与える影響。第55回日本細胞生物学会大会、横浜、2002.2

  6. 小池学、小池亜紀:細胞内局在制御領域に変異を導入したDNA修復蛋白質Ku-GFP発現細胞株の樹立。第55回日本細胞生物学会大会、横浜、2002.5

  7. 小池学、小池亜紀:野生型及び機能を破壊した変異型Ku80を発現する細胞株の樹立とDNA二重鎖切断損傷部位の可視化。日本放射線影響学会第45回大会、仙台、2002.9

  8. 小池学:細胞内局在制御領域に変異を導入したDNA修復蛋白質Ku-GFP発現細胞株の樹立とその解析。第61回日本癌学会総会、東京、2002.10

  9. 小池学、小池亜紀:野生型及び変異型Ku80-GFP発現細胞株の樹立とそれらの放射線感受性に関する解析。第25回日本分子生物学会年会、横浜、2002.12

(著書・総説)

  1. 平間敏靖、明石真言:医療従事者の放射線被ばくの低減化。総合循環器ケア、2(5)、116-120、2002

  2. 近藤久禎、平間敏靖、明石真言:放射線テロへの緊急対応。治療、84、102-107、2002

  3. 近藤久禎、平間敏靖、明石真言:電子部品工場における軟X線による局所被曝事故。労働の科学、57、57-61、2002

  4. 勝見敦、久野将宋、島田靖、小井土雄一、近藤久禎、森村尚登、杉本勝彦:集団災害時における一般医の役割-Mass Gathering Medicine。集団災害時における一般医の役割-Mass Gathering Medicine 2002

  5. Koike, M., Koike, A.: Subcellular localization and molecular mechanisms of nuclear transport of multifunctional Ku70 and Ku80 proteins. Recent Reserch Development in Biophysics and Biochemistry.(2003 in press.)

  6. Koike, M.: Dimerization,Translocation and Localization of Ku70 and Ku80 Proteins. J. Radiat. Res 43: 223-236, 2002

(解説・紹介記事)

  1. 河村砂織、平間敏靖、野田 豐、西澤かな枝、平岡武、安齋尚之、近藤久禎、蜂谷みさを、川瀬淑子、森川康弘、早田勇、宮後法博、芳田典幸、明石真言:放射線治療装置設置中に起きた作業員への放射線被ばく事故、JAMMRA(放射線事故医療研究会会報)、第9号 3-8、2002

ページトップ


II. 体内除染剤研究

宇宙放射線防護プロジェクト: 福田 俊、飯田治三、Yan Yueming
緊急被ばく医療研究センター: 明石真言、平間敏靖、近藤久禎、安齋尚之、河村砂織、蜂谷みさを

(原著論文)

  1. Fukuda. S., Iida. H., Abe. Y,. Yoshida. H. : Effects of D-Penicillamine and Ca-DTPA on removal of radiocobalt in rata. J. Health Phys 36 : 323-328, 2001

  2. Fukuda. S., X. Yan., Iida. H. : Effects of a human dose of Ca-DTPA on removal of different amount of plutonium from the rat. J. Health Phys 37 : 158-161, 2002.

(資料集、研究報告)

  1. 明石真言、石川徹夫、福田 俊、野田 豐、河村砂織、沼澤 聡、床次眞司、蜂谷みさを、山田裕司:内部被ばくを伴う汚染事故に対する被ばく医療の実効性向上に関する調査(内閣府委託調査報告書)、原子力安全委員会、2002

(学会発表)

  1. 福田 俊、飯田治三、Yan Xue-ming, Xie Yuan, R. Burgada, T. Bailly: ラットにおけるキレート剤Ca-DTPA, CBMIDA, 3,4,3-LIHOPOのプルトニウム除去効果の比較。日本保健物理学会第36回発表会。金沢、2002.6.

  2. 福田 俊、飯田治三、Yan Xue-ming:プルトニウム除去剤Ca-DTPAの1 human dose投与の効果。日本保健物理学会第36回発表会。金沢、2002.6.

(解説・紹介記事)

  1. 明石真言、中山隆、宮後法博:外国の放射線核種除染施設を訪問-フランス・ドイツにおける施設と除染に対する考え方- 放医研ニュース No.70 1-2、2002

ページトップ


III. 緊急時精密測定・評価システムの開発

緊急被ばく医療研究センター: 野田 豐、明石 真言、隈元 芳一、小西 正芳
放射線防護安全部: 佐藤 眞二
放射線障害研究グループ: 早田 勇、南久松 真子、神田玲子、古川 章、鈴木 晴子

研究発表:

(原著論文)

  1. Kanda, R., Eguchi-Kasai, K., Itsukaichi, H., Mori, M., Hayata, I. : Chemically induced premature chromosome condensation in human fibroblast cell lines: fundamental study for applications to the biodosimetry of local exposure. Somatic cell and Molecular Genetics 25: 317-325, 2002

  2. Kumamoto, Y., Noda, Y. : Measurements of effective doses of natural background level of neutrons with etched-track detectors. Health Phys 83: 553-557, 2002

(学会発表)

  1. 野田:国立大蔵病院における被ばく事故‐物理的線量評価について‐。第6回放射線事故医療研究会、福井、2002.8

ページトップ


IV. 放射線障害低減化研究(含防護剤)

緊急被ばく医療研究センター: 明石 真言、川瀬淑子、近藤怜奈
放射線障害研究グループ: 相沢志郎、吉田和子、田中 薫
レドックス制御研究グループ: 伊古田暢夫、 安西和紀、古瀬雅子、石原 弘、稲野宏志

研究発表:

(原著論文)

  1. Miyamoto, K., Watanabe, Y., Yukawa, M., Takeda, H., Nishimura, Y., Ishigure, N.,Hirama, T., Akashi, M.: Reconstruction of Two Victims Posturing Based on the Induced Radioactivities in Their Bones in the Criticality Accident in Tokai-Mura, Japan. Health Phys 83: 19-25, 2002

  2. Fukuhara, K., Nakanishi, I., Shimada, T., Ohkubo, K., Miyazaki, K., Hakamata, W., Urano, S., Ikota, N., Ozawa, T., Okuda, H., Miyata, N., Fukuzumi, S., : A Planar Catechin Analogue as a Promising Antioxidant with Reduced Prooxidant Activity. Chem Res Toxicol 15.(2003 in Press)

  3. Inano, H., Onoda, M. : Radioprotective action of curcumin extracted from CURUCUM LONGA LINN: Inhibitory effect of formation of urinary 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine, tumorigenesis, but not mortality, induced by γ-ray irradiation, Int. J Radiation Oncology Biol Phys 52 : 735-743, 2002

(プロシーディング)

  1. Yoshida K., Hirabayashi, Y., Sado, T., Inoue, T. : Nutrition status and radiation-induced cancer in mice. Radiation and Homeostasis. In Proceedings of international Symposium of radiation and Homeostasis.(Sugahara T., Nikaido O. and Niwa O.Eds.) 455-458, Elsevier, 2002

(資料集、研究報告)

  1. Murata, H., Akashi, M.: 東海村ウラン加工工場臨界事故に関する放医研報告書:The report of the criticality accidennt in a uranium conversion test plant in Tokai-mura. 東海村ウラン加工工場臨界事故に関する放医研報告書 1-91, 2002

(学会発表)

  1. Miyamoto, K., Takada, H., Nishimura, Y., Yukawa, M., Watanabe, Y., Ishigure, N., Kouno, F., Kuroda, N., Akashi, M. : 32PのICRP生体代謝モデルの検証:東海村臨界事故:Validation and Verification of the ICRP Biokinetic Model of 32P:The Criticality Accident in Tokai-mura, Japan. National Radiological Protection Board, UK, Oxford. England, 2002. 9.8-12

  2. Nitta, Y., Yoshida, K., Tanaka, K., Peters J. Cattanach B.M. : The mouse small eye mutant, del(29sey3H, which deletes the putative tumor suppressor region of the radiation -induced acute myeloid leukemia is susceptible to radiation. International symposium on biological effects of low dose radiation: Molecular mechanisms for radiation-induced cellular response and cancer development. 六ヶ所、2002.10

  3. Ishihara, H., Tanaka, I. : Activation of Retrotransposon in Radiation-induced Myeloid Leukemia Cells in C3H Mice、第4回日仏ワークショップ、パリ、2002.6

  4. 安西和紀、古瀬雅子、伊古田暢夫:X線全身照射に対するスピントラップ剤の放射線防護効果、第24回日本フリーラジカル学会、大阪、大阪市立大学医学部、2002.5

  5. Anzai, K., Furuse, M., Matsuyama, A., SIkota, N. : IN VIVO RADIOPROTECTION OF STABLE FREE RADICAL NITROXIDES, CARBAMOYL- AND METHOXYCARBONYL-PROXYL, XIth Meeting of the Society for Free Radical Research International, Rene Descartes University, Paris, France、2002.7

  6. 吉田和子、相澤志郎、渡辺恵子、平林容子、井上 達:p53ヘテロけっしつB10マウスに放射線で誘発されるリンパ腫は副腎皮質ホルモン投与により抑制される、第45回 日本放射線影響学会、仙台、2002.9

  7. 安西和紀、古瀬雅子、伊古田暢夫:マウスのX線全身照射に対するスピントラップ剤の放射線防護効果、日本放射線影響学会第45回大会、仙台:メルパルクSENDAI、2002.9

  8. 福原 潔、中西郁夫、宮崎健太郎、袴田 航、島田知一、大久保 敬、浦野四郎、福住俊一、伊古田暢夫、小澤俊彦、奥田晴宏:平面型カテキンのラジカル消去能とプロオキシダント効果。第35回酸化反応討論会、同志社大学新町キャンパス、2002.11

  9. 古瀬雅子、安西和紀、松山あづさ、伊古田暢夫:マウスに対するスピントラップ剤POBNの放射線防護作用。日本薬学会第123年会、長崎、2003.3

(データベース構築・登録)

  1. Ishihara, H.:放射線照射直後に核蛋白質と相互作用する核酸塩基配列の登録 3件 GenBank-EMBL-DDBJ-Accession No. AB097565, AB097566, AB097567. 2002.12

(特許申請および登録)

  1. 名称:放射線障害予防剤、発明者:坪井康次、盛武敬、安西和紀、出願人:独立行政法人放射線医学総合研究所、三菱ウェルファーマ株式会社、 出願日:平成14年3月12日、出願番号:特願2002-6773

(著書・総説)

  1. 明石真言、蜂谷みさを:放射能・放射線とは。総合循環器ケアサポートブック、65-71、2002

  2. 明石真言、蜂谷みさを:放射線の人体に与える影響。総合循環器ケア、2(1)、106-113、2002

  3. 明石真言、蜂谷みさを:放射線の医学利用。総合循環器ケア、2(2)、 102-108、2002

  4. 明石真言、蜂谷みさを:循環器における放射線の活用。総合循環器ケア、2(3)、 137-140、2002

  5. 明石真言、河村砂織:IVRとそれに起因する合併症。総合循環器ケア、2(4)、113-118、2002

  6. 明石真言:健康危機管理に関わる核・生物製剤・化学物質の基本事項。地域における健康危機管理の推進-テロ対策の具体化に向けて- 新企画出版、52-63、2002

ページトップ


V. 緊急時環境汚染対応研究

防護体系構築研究グループ: 藤元憲三、白石久二雄、サフー・サラタ・クマール、木村真三、西村義一、渡辺嘉人、石榑信人、仲野高志、松本雅紀、黒瀧克己

研究発表:

(原著論文)

  1. Fujimoto, K., O'Brien,K.:我が国における宇宙線からの線量 Estimation of Dose Due to Cosmic Rays in Japan. 保健物理(2003 in press)

(プロシーディング)

  1. Fujimoto, K., Y, Noda.: Gamma ray direction finder. Radioactivity in the Environment.(2003 in press)

  2. Fujimoto, K.: Radiation Protection with respect for nature, views from Japan, NEA Forum,Radiological Protection of the Environment, 12-14 February, 2002, Taormina, Sicily Italy.

(資料集、研究報告)

  1. Fujimoto, K. ed.: Final Report on Dose Estimation for Three Victims of JCO Accident. NIRS-R-47, 2002

  2. Murata, H., Akashi,M. ed.: Chapter 4: Dose Estimation, Chapter 10-5: Resident Behavior Survey and Chapter 11: International Response. The report of the criticality accident in a uranium conversion test plant in Tokai-mura. NIRS-M-154, 2002

(資料集、研究報告)

  1. Fujimoto, K.,: Radiation Protection with respect for nature, views from Japan, NEA Forum, Radiological Protection of the Environment, Taormina, Sicily Italy. 2002.2.12-14

  2. Fujimoto, K., Y, Noda.: gamma Ray Direction Finder, Seventh International Symposium, Natural Radiation Environment, Rhodes, Greece. 2002.5.20-24

  3. 藤元憲三:環境の放射線防護に関する国際的な動き、第36回日本保健物理学会研究発表会金沢、2002.6

  4. 藤元憲三、野田 豐:ガンマ線入射方向検出器の開発、第36回日本保健物理学会研究発表会金沢、2002.6

  5. 藤元憲三:環境の放射線防護への動き、放射線安全研究センターシンポジウム、2002.12

(特許申請および登録)

  1. 名称:ガンマ線入射方向検出器、発明者:藤元憲三、出願人:独立行政法人放射線医学総合研究所、出願日:平成14年11月18日、出願番号:特願2002-33474

  2. 名称:全方向の放射線スペクトル分布を得る方法、発明者:藤元憲三、出願人:独立行政法人放射線医学総合研究所、出願日:平成14年11月18日、出願番号:特願2002-33361

  3. 名称:ガンマ線卓越入射方向弁別器、発明者:藤元憲三、出願人:独立行政法人放射線医学総合研究所、出願日:平成14年11月18日、出願番号:特願2002-33590

  4. 名称:ガンマ線卓越入射方向の弁別方法、発明者:藤元憲三、出願人:独立行政法人放射線医学総合研究所、出願日:平成14年11月18日、出願番号:特願2002-333597

  5. 名称:放射線測定装置、発明者:藤元憲三、松原昌平、出願人:独立行政法人放射線医学総合研究所、アロカ株式会社、出願日:平成14年11月18日、出願番号:特願2002-333612

(プレス報道)

  1. 大量被ばく線量を評価 高知新聞 平成14年5月13日
  2. 大量被ばく線量判定 河北新聞 平成14年5月13日

(著書・総説)

  1. 藤元憲三:国連科学委員会2000年報告書【放射線の線源と影響】。(職業放射線被ばく部分監修と一部翻訳) 2002

(解説・紹介記事)

  1. 藤元憲三:環境の放射線防護に関する世界の動向、放射線科学, 45, 70-76, 2002

  2. Fujimoto, K.: Publication of 'Final report on Dose Estimation for three victims of JCO Accident' NIRS-R-47 194: 22, 2002

  3. Fujimoto, K.: IRPA Website: Publication of 'Final report on Dose Estimation for three victims of JCO Accident' NIRS-R-47, 2002

  4. Fujimoto, K.: Accident Published, Health Physics 925: 83, 2002

(講演)

  1. 藤元憲三:環境の放射線防護に関する国際的な動き(ICRP Task Group、ウィーン会議、シシリー会議、ダーウィン会議での展開)、保健物理学会夏の学校、箱根、2002.8.8

>> 緊急被ばくに関する研究


ページトップ
ホーム 緊急被ばく医療研究センター 組織について 放医研の役割について 緊急被ばく医療体制について 被ばく事故対応の事例 緊急被ばく医療施設の紹介 業務実績について 緊急被ばくQ&A 医療・防災関係者の方々へ