緊急被ばく医療研究センター
緊急被ばくメニュー1
緊急被ばくメニュー2

緊急被ばくに関する研究 > 5.業務実績について >

平成17年度 原子力災害対応業務実績

放射線医学総合研究所は、中央防災会議「防災基本計画」により、緊急被ばく医療活動を行うこと、また、原子力安全委員会原子力発電所等周辺防災対策専門部会「緊急被ばく医療のあり方について」において、三次被ばく医療機関の中核機関に位置付けられている。

平成17年度に実施した原子力災害対応業務活動を下記にまとめる。

1. 現地への要員・機器の支援体制の維持・整備

(1)放医研原子力防災訓練の実施

中央防災会議が決定した「平成17年度総合防災訓練大綱」に基づいて行う原子力災害に係る訓練の一環として、以下の訓練を実施した。

  1. 所内原子力防災関係者間の緊急時通報連絡訓練
  2. 緊急被ばく医療に関する原子力防災訓練
    イ) 緊急被ばく医療施設において、ストレッチャーの取扱いや汚染患者対応等の事前訓練を実施した。
    ロ) 国主催の原子力総合防災訓練 (新潟県) でのヘリによる患者搬送訓練に協力し、放医研救急車を使用した汚染患者受入搬送訓練を実施した。
    ハ) 緊急被ばく医療施設において、緊急被ばく医療診療チーム等による汚染検査、除染、線量評価等の汚染患者の対応訓練を実施し、また第1会議室にてプレ ス対応訓練を実施した。

2. 緊急被ばく医療施設の維持・管理

(1)緊急被ばく医療対応時における汚染患者の隔離搬送を目的に可搬型陰圧クリーンドームを、尿・血液中の核種分析を目的にバイオアッセイ用ポータブル液シン装置を整備した。

(2)体内除染剤、医療機器等の管理
イ) 国内では許可されていない薬剤も含めた体内除染剤等の更新を行った。
ロ) 体内除染剤、ヨウ素剤等の点検を月1回の頻度で実施した。
ハ) 緊急被ばく医療に関する測定機器、医療機器の点検を実施した。
ニ) モニタリング用資機材の維持・管理を行った。

3. 染色体ネットワーク会議

本会議は、緊急時において染色体による線量評価を迅速かつ正確に実施するためネットワークの推進を図るとともに、染色体線量評価技術の研究・技術の後継者育成を推進していくことを目的としている。

今年度は、平成17年6月29日、第1回会議を開催し、「緊急時の染色体ネットワークの役割」、「緊急時における染色体ネットワーク会議の線量評価業務等の協力に関する覚書 (案) 」等について、具体的審議を行った。平成17年11月7日、第2回会議を開催し、前回審議した「覚書 (案)」を再検討し、次回委嘱の継続手続時に各委員に協力依頼することとした。また「被ばく線量評価における精度管理」について具体的審議を行った。平成18年3月7日、染色体ネットワーク会議・技術検討会を開催し、「後継者育成に関する取組」、「平成18年度事業計画」について審議し、また「染色体異常分析マニュアル作成」・「トレーニングソフトの高度化」・「線量効果標準曲線作成」について報告が行われた。

4. 物理学的線量評価ネットワーク会議

本会議は、物理学的線量評価の専門機関と有機的な連携を図り、迅速かつ正確に線量評価を行う体制を構築すると共に、線量評価技術の維持・向上を図ることを目的としている。平成17年12月5日に開催した本会議では、「WBCによる線量評価精度管理調査の必要性」、「本ネットワーク会議と各地域の二次被ばく医療機関との連携」等について審議した。

5. 緊急被ばく医療ネットワーク会議

本会議は、原子力施設等に係る事故の発生に備え、緊急被ばく医療に関する放医研と協力関係機関とのネットワークを構築・整備し、より一層の充実を図ることを目的としている。平成17年12月20日に開催した本会議では「再処理施設の現状及び事故対応」について事業所より報告があり意見交換が行われた。また、体内除染剤 (DTPA) の現状について報告があり、DTPAによる除染効果を確認した。

6. 地域緊急被ばく医療連携協議会

東日本ブロックの8道県 (北海道、青森、宮城、福島、茨城、新潟、神奈川、静岡) の自治体、緊急被ばく医療機関関係者との協議会を開催し、放医研が緊急時に行う支援及び「放医研における患者受入の基本方針」の説明し、地域の緊急被ばく医療機関が有する機能に応じた患者受入、搬送等について協議を行った。また、各道府県の課題を抽出し、対応方針の提案を行い、円滑な連携体制の構築を進めた。

茨城県においては事業所・自治体・搬送機関・医療機関の関係者を招聘し、机上演習を実施し実効的な緊急被ばく医療の対応を検証した。

7. 地域緊急被ばく医療連携協議会全体会議

東・西日本ブロックの原子力施設立地道府県等の緊急被ばく医療機関、地方自治体所管担当課室、関係省庁等の関係者等、被ばく医療・線量評価専門家等を招聘し、東京で開催した。各自治体から緊急被ばく医療体制整備の進捗状況に関して報告が有り、地域の三次被ばく医療機関 (放医研、広島大学) が果たす役割及び支援体制について説明を行った。また、各道府県の課題について事前アンケートを実施し、この結果に基づき、情報共有と意見交換を実施した。

8. 緊急被ばく医療体制に関するパンフレットの作成

国が整備する緊急被ばく医療体制における放医研の役割とその機能を中心にとりまとめたパンフレット「緊急被ばく医療体制」を作成した。

9. 原子力災害対応研修について

原子力災害に関わる緊急被ばく医療体制の関係者に対して、緊急被ばく救護セミナー、緊急被ばく医療セミナー、緊急被ばく医療放射線計測セミナーを開始した。なお、第20回緊急被ばく医療セミナーは広島大学と共催で実施した。

また、台湾の緊急時医療関係者に対し研修会を実施した。

  • 第56回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数24名)
  • 第57回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数30名)
  • 第58回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数29名)
  • 第18回緊急被ばく医療セミナー (受講者数18名)
  • 第19回緊急被ばく医療セミナー (受講者数21名)
  • 第20回緊急被ばく医療セミナー (受講者数20名)
  • 第21回緊急被ばく医療セミナー (受講者数16名)
  • 第2回緊急被ばく医療放射線計測セミナー (受講者数15名)

10.国及び地方自治体等の防災訓練への参加

国及び地方自治体が主催する原子力総合防災訓練に専門家を派遣し、助言・指導を行った。

(1)国が主催する原子力防災訓練への参加

「原子力災害対策特別措置法」及び「17年度総合防災訓練大綱」に基づいて行う原子力災害に係る訓練の一環として国が主催する訓練に専門家を派遣した。

  1. 平成17年度原子力総合防災訓練 (新潟県)
    イ)緊急時モニタリング訓練に参加
    ロ)緊急被ばく医療対策訓練に参加
    ハ)現地災害対策本部対応訓練に参加
  2. 平成17年度文部科学省原子力防災訓練
    イ)文部科学省原子力防災訓練事前講習会に参加
    ロ)文部科学省原子力防災訓練事前説明会に参加
    ハ)文部科学省原子力災害対策本部機能班対応訓連に参加

(2)地方自治体が主催する原子力防災訓練へ参加

地方自治体が主催する原子力防災訓練に参加し、緊急被ばく医療に関する専門家及び緊急被ばく医療派遣チーム要員を派遣した。

  1. 文部科学省机上訓練に参加
  2. 茨城県原子力総合防災訓練
  3. 北海道原子力防災訓練
  4. 愛媛県原子力防災訓練
  5. 横須賀市原子力防災訓練
  6. 宮城県原子力防災訓練
  7. 原子力総合防災訓練 (新潟県)
  8. 福島県原子力防災訓練
  9. 鹿児島県原子力防災訓練
  10. 福井県国民保護実働訓練
  11. 文部科学省原子力防災訓練
  12. 静岡県原子力防災訓練

11.地方自治体等が主催する講習会、研修会における講義・実習

地方自治体等の講習会、研修会への要請41件に専門家を派遣し、講義を行った。

  1. 八戸市商工会議所主催講演
  2. NPO法人あすかエネルギーフォーラムの講演
  3. 平成17年度第1期原子力防災専門官基礎研修
  4. 平成17年度原子力専門官研修
  5. 第17回救護所活動実務講座
  6. 国際原子力安全技術研修事業の一環としてタイで実施される緊急時対応コースに講師とし て出席
  7. 緊急被ばく医療ネットワーク協力機関 (日医北総病院)講演
  8. 長野県消防学校講演
  9. 東京消防学校講演
  10. 第18回救護所活動実務講座
  11. 原子力体験セミナー[生活と環境コースI]
  12. 平成17年度第2期原子力防災専門官基礎研修
  13. 平成17年度新潟県緊急時医療講習会
  14. 第19回救護所活動実務講座
  15. 原子力体験セミナー[生活と環境コースII]
  16. 京都府立消防学校講演
  17. 平成17年度認定看護管理者セカンドレベル教育
  18. 第20回救護所活動実務講座
  19. 台湾の緊急時医療関係者向け研修会
  20. 平成17年度緊急被ばく医療全国拡大フォーラム
  21. 第21回救護所活動実務講座
  22. 第22回救護所活動実務講座
  23. 平成17年度鹿児島県原子力救護研修会
  24. 第23回救護所活動実務講座
  25. 静岡県「原子力講演会」
  26. 平成17年度第3回原子力防災専門官基礎研修
  27. 平成17年度佐賀県緊急被ばく医療対策講習会
  28. 警察大学校専科「NBCテロ」講演
  29. 平成17年度福島県「緊急被ばく医療活動講習会」
  30. 第277回放射線防護基礎コース
  31. 静岡県消防学校講演
  32. 第24回救護所活動実務講座講義
  33. 平成17年度防災専門官等広域支援現地研修
  34. 第32回原子力入門講座
  35. 宮城県内消防職員に対する講演
  36. 原子力行政職員研修会
  37. 第25回救護所活動実務講座
  38. 平成17年度放射線防護研修会
  39. 講演会 放射線・放射能について考える
  40. 千葉市救急標準課程
  41. 放射線事故被ばく時の医療の現状と線量評価の重要性

12.国内における委員会等の専門家派遣

国内における38の委員会等への参加を行った。

  1. 原子力安全委員会 : 平成17年度福島県原子力防災訓練
  2. 原子力安全委員会 : 緊急被ばく医療に関する打合せ
  3. 原子力安全委員会 : 原子力施設等防災専門部会被ばく医療分科会第14会合
  4. 文部科学省 : 平成17年度被ばく患者対応机上訓練事前検討会
  5. 文部科学省 : 中国NNSAとの規制情報交換会議
  6. 文部科学省 : 第4回国際原子力事象評価尺度 (INES)評価ワーキンググループ
  7. 文部科学省 : 第1回文科省-韓国MOST規制情報交換会議
  8. 文部科学省 : 原子力防災検討会 (第1回〜第5回)
  9. 文部科学省 : 研究炉等安全規制検討会(第21回〜第22回)
  10. 文部科学省、経済産業省 : 原子力総合防災訓練調整会議 (第1回〜第4回)
  11. 文部科学省、経済産業省 : 原子力総合防災訓練に関する打合せ
  12. 青森県 : 青森県緊急被ばく医療検討委員会
  13. 宮城県 : 原子力防災緊急時医療活動マニュアル研究会(第1回〜第3回)
  14. 福井県 : 平成17年度福井県国民保護実動訓練及び調整会議
  15. 福島県 : 平成17年度第1回緊急被ばく医療対策連絡会議
  16. 茨城県 : 平成17年度JCO事故対応健康管理委員会 (第1回〜第2回)
  17. 茨城県 : 平成17年度茨城県緊急被ばく医療関連情報連絡会幹事会 (第1回〜第2回)
  18. 千葉県 : 千葉県原子爆弾被爆者健康管理手当等認定委員会
  19. 千葉県 : 千葉県総合健康安全対策ネットワーク会議
  20. 平成17年度防災研修事業 救護所活動テキスト検討サブグループ (第1回〜第3回)
  21. 平成17年度第1回原子力防災研修部会
  22. 平成17年度島根県原子力防災訓練に係る訓練評価
  23. 平成17年度原子力防災研修事業 共通基礎講座教材検討サブグループ (第1回〜第4 回)
  24. 平成17年度緊急事対策総合支援システム調査 第1回原子力防災総合調査検討委員会
  25. 平成17年度原子力防災研修事業教材作成WG (第2回〜第3回)
  26. 平成17年度原子力防災研修事業原子力防災研修講座講師連絡会
  27. 平成17年度放射線事故医療研究会幹事会 (第1回〜第2回)
  28. 医療支援構築委員会 (第17回,第20回)
  29. 平成17年度緊急被ばく医療初期初動対応検討委員会(第1回〜第3回)
  30. 第9回放射線事故医療研究会
  31. 緊急被ばく医療初期初動対応検討委員会 (第1回〜第3回)
  32. 第1回フォーラム検討委員会
  33. 新潟地区緊急被ばく医療ネットワーク情報交換会 (第1回〜第2回)
  34. 神奈川地区「緊急被ばく医療ネットワーク調査検討会」 (第1回〜第2回)
  35. 平成17年度緊急被ばく医療関係者実務研修事業緊急被ばく医療拡大連絡会
  36. 第2回「被ばく医療関係者実務研修調査専門委員会」
  37. 原子力事故災害・Nテロ原子力災害に関する勉強会
  38. 平成17年度成田NBCテロリズム対策研究会 (第1回〜第5回)

13.被ばく医療に関する情報の収集・発信

  1. ロシア生物物理研究所が保有している急性被ばく患者の治療等情報を56件入手した。今後、中国・ロシアのデータベース化により我が国における急性放射線被ばく患者の治療に備える。
  2. ビキニ被災者、トロトラスト、JCO事故被ばく患者等の追跡調査を行い、被ばく医療情報を集積した。
  3. ファイルドキュメンテーションシステムに第5福竜丸をはじめとする事故情報の保存作業を行った。
  4. WHO/REMPANのデータベースとの互換性を担保しながらデータベースの基本部分の構築を継続して実施した。

14.過去の被ばく事故例の追跡、実態把握、医療相談等

  1. 過去の被ばく事故例の追跡、実態調査
    ・ビキニ被災者の定期的追跡調査 : 8人
    ・トロトラスト沈着症例に関する実態調査 : 1人
    ・JCO事故の患者追跡健康調査 : 1人
    ・八日市場市の軟X線発生装置による右手被ばく事故 : 3人
  2. JCO事故関連周辺住民等の健康診断及び健康診断結果相談会
    ・東海村・那珂町住民の健康相談・診断を行った。
    ・住民等の健康診断結果について、説明と相談を行った。

15.医療相談

  • 医療被ばく、胎児への影響及び職業上の被ばく等に関連した健康相談22件

16.国際協力

  • 放医研で開催された、日本原子力産業会議主催の「台湾の緊急時医療関係者研修会」に協力し、「α線放出核種による汚染患者の受け入れ及び除染技術」に関する講義及び実習を行った。

17.調査等

  • REAC/TC (米国)の「放射線事故における保健物理講習会」及び「緊急部要員による放射線事故対応講習会」に職員3名を派遣した。

>> 緊急被ばくに関する研究


ページトップ
ホーム 緊急被ばく医療研究センター 組織について 放医研の役割について 緊急被ばく医療体制について 被ばく事故対応の事例 緊急被ばく医療施設の紹介 業務実績について 緊急被ばくQ&A 医療・防災関係者の方々へ