緊急被ばく医療研究センター
緊急被ばくメニュー1
緊急被ばくメニュー2

緊急被ばくに関する研究 > 5.業務実績について >

平成16年度 原子力災害対応業務実績

放射線医学総合研究所は、中央防災会議「防災基本計画」により、緊急被ばく医療活動を行うこと、また、原子力安全委員会原子力発電所等周辺防災対策専門部会「緊急被ばく医療のあり方について」において、三次被ばく医療機関の中核機関に位置付けられている。

平成16年度に実施した原子力災害対応業務活動を下記にまとめる。

1. 現地への要員・機器の支援体制の維持・整備

(1) 放医研原子力防災訓練の実施

中央防災会議が決定した「平成16年度総合防災訓練大綱」に基づいて行う原子力災害に係る訓練の一環として、防災週間に以下の訓練を実施した。

  1. 所内原子力防災関係者間の緊急時通報連絡訓練
  2. 緊急モニタリングチーム及び関係職員に対する講習会を開催した。
  3. 緊急被ばく医療に関する原子力防災訓練
    イ) 茨城県原子力防災訓練のヘリによる患者搬送訓練に協力し、放医研として患者受入訓練を実施した。
    ロ) 緊急被ばく医療施設において、線量評価チーム等による汚染患者の線量評価対応訓練を実施した。

2.緊急被ばく医療施設の維持・管理

(1) 緊急被ばく医療対応時の記録・保存及び教育訓練時の記録・トレーニングに利用するため、同時4チャンネル映像記録装置、患者情報モニタを整備した。

(2) 体内除染剤、医療機器等の管理

イ)国内では許可されていない薬剤も含めた体内除染剤等の更新を行った。
ロ)体内除染剤、キレート剤、ヨウ素剤等の点検を月1回の頻度で実施した。
ハ)緊急被ばく医療に関する測定機器、医療機器の点検を実施した。
ニ)モニタリング用資機材の維持・管理を行った。

3. 染色体ネットワーク会議

本会議は、緊急時において染色体による線量評価を迅速かつ正確に実施するためネットワークの推進を図るとともに、染色体線量評価技術の研究・技術の後継者育成を推進していくことを目的としている。

今年度は、平成16年6月25日、第1回会議を開催し、「緊急時の染色体ネットワークの役割」、「緊急時における地域対応体制」等について、具体的審議が行われた。平成17年2月28日、染色体ネットワーク会議技術検討会を開催し、協力機関間の評価誤差を最小範囲にするため「異常染色体の判定基準」の検討が行われた。

4. 物理学的線量評価ネットワーク会議

本会議は、被ばく線量評価業務実施の充実・強化を図るため放医研を中心として日本原子力研究所、核燃料サイクル開発機構、日本分析センターの協力機関間において協力協定の締結が行われた。今年度は、平成16年7月21日、第1回会議を開催し、西日本ブロックの地域三次被ばく医療機関に広島大学が指定されたことに伴う、「地域三次被ばく医療機関間の協力体制」、「放医研と協力機関における被ばく線量評価業務のあり方」について検討が行われた。

平成17年3月16日に第2回会議を開催し、緊急時における全国規模の線量評価実施体制を構築するため本会議の協力機関における線量評価業務の具体化・連携体制について検討した。更に「放医研における患者受入の基本方針」に基づき、線量評価上の課題について検討した。

5. 緊急被ばく医療ネットワーク会議

本ネットワークでは、被ばく患者の受入に伴う、緊急被ばく医療業務実施の連携・強化を図るため放医研と協力医療機関における協力協定の推進が行われてきた結果、今年度は杏林大学との締結が行われた。平成17年2月14日に開催した本会議では、「放射線医学総合研究所における患者受入の基本方針」について審議し、一部修正の後、了承された。

また、上記患者受入の基本方針の実施体制構築に伴う課題について審議された。

6. 地域緊急被ばく医療連携協議会

地域三次被ばく医療機関である放医研は、東日本ブロックの7道県に対して、地域緊急被ばく医療体制に参画する関係機関と地域協議会等を開催し、地域緊急被ばく医療体制を整備している7道県の取組の現状把握、患者受入・搬送シミュレーションの実施、患者受入・搬送フローの基本型を提示して7道県毎に今後の検討課題するとともに、放医研が地域緊急被ばく医療関係機関に実施する助言・指導、専門家の現地派遣、患者受入の具体的支援策を説明した。

7. 原子力災害対応研修について

原子力災害に関わる緊急被ばく医療体制の関係者に対して、緊急被ばく救護・訓練課程、緊急被ばく医療セミナーの継続研修の他、新規研修としてホールボディカウンタによる計測セミナーを開始した。

また、韓国原子力医学院との研究協力覚書締結に基づいて被ばく医療セミナーを実施した。

  • 第53回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数30名)
  • 第54回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数30名)
  • 第55回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数30名)
  • 第15回緊急被ばく医療セミナー (受講者数19名)
  • 第16回緊急被ばく医療セミナー (受講者数21名)
  • 第17回緊急被ばく医療セミナー (受講者数20名)
  • 第1回ホールボディカウンタによる計測セミナー (受講者数6名)
  • 平成16年度海上原子力防災研修 (受講者数24名)
  • 研究協力覚書に基づく被ばく医療セミナー (受講者数24名)

8. 国及び地方自治体等の防災訓練への参加

国及び地方自治体が主催する原子力防災訓練に専門家を派遣し、助言・指導を行った。

(1) 国が主催する原子力防災訓練への参加

「原子力災害対策特別措置法」及び「16年度総合防災訓練大綱」に基づいて行う原子力災害に係る訓練の一環として国が主催する訓練に専門家が参加した。

  1. 平成16年度原子力総合防災訓練(新潟県)
    イ) 事前訓練に参加
    ロ) 第2回通信訓練に参加
  2. 平成16年度文部科学省原子力防災訓練
    イ) 文部科学省他関係機関との通報連絡訓練
    ロ) 文部科学省原子力災害対策本部機能班対応訓練

(2) 地方自治体が主催する原子力防災訓練へ参加

地方自治体が主催する原子力防災訓練に参加し、緊急被ばく医療に関する専門家及び緊急被ばく医療派遣チーム要員を派遣した。

  1. 静岡県原子力防災訓練に参加
  2. 政府における総合防災訓練 (通報訓練)
  3. 茨城県オフサイトセンター機能班別訓練
  4. 茨城県原子力防災訓練
  5. 北海道原子力防災訓練
  6. 愛媛県原子力防災訓練
  7. 横須賀市原子力防災訓練
  8. 佐賀県原子力防災訓練
  9. 福島県原子力防災訓練
  10. 鹿児島県原子力防災訓練
  11. 福井県原子力防災訓練

9. 地方自治体等が主催する講習会、研修会における講義・実習

地方自治体等の講習会、研修会への要請60件に専門家を派遣し、講義を行った。

  1. 平成16年度第1期原子力防災専門官基礎研修
  2. 東邦大学理学部研究科講義 分子生理学持論I
  3. 第67回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  4. 第42回放射線防護基礎過程
  5. 平成16年度原子力専門官研修
  6. 第12回原子力防災実務講座 (警察)
  7. 第68回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  8. 第69回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  9. 第70回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  10. 長野県消防学校講演
  11. 緊急被ばく医療「福島フォーラム」
  12. 第71回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  13. 原子力事故災害・Nテロ原子力災害に関する勉強会
  14. 第13回原子力防災実務講座 (警察)
  15. 第72回原子力防災実務講座 (救護所活動)
  16. 第15回原子力防災実務講座 (消防)
  17. 第8回放射線事故医療研究会 パネル討論打合せ会
  18. 平成16年度第2期原子力防災専門官基礎研修
  19. 第73回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  20. 原子力体験セミナー [生活科学コースI]
  21. 緊急時医療講習会 (新潟県)
  22. 厚生労働省厚生科学課レクチャー
  23. 第8回原子力防災実務講座 (搬送)
  24. 第11回原子力防災実務講座 (救護所活動)
  25. 日本学術会議シンポジウム パネル討論
  26. 京都府消防学校講演
  27. 第9回原子力防災実務講座 (搬送)
  28. 原子力体験セミナー [環境科学コースI]
  29. 第16回原子力防災実務講座 (消防)
  30. 認定看護管理者セカンドレベル教育
  31. 千葉県消防学校初任科第138期教育
  32. 第8回放射線事故医療研究会 パネル討論会
  33. 第12回原子力防災実務講座 (救護所活動)
  34. 第10回原子力防災実務講座 (搬送)
  35. 原子力体験セミナー [生活科学コースII]
  36. 第74回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  37. 第75回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  38. 第13回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  39. 第76回原子力防災基礎講座 (救護所活動)
  40. 日本学術会議シンポジウム パネル討論
  41. 京都府消防学校講演
  42. 第29回佐賀麻酔・救急懇話会
  43. 第3期原子力防災専門官基礎研修
  44. 鹿児島県原子力救護研修会
  45. 佐賀県緊急被ばく医療対策講習会
  46. 緊急被ばく医療活動講習会 (福島県)
  47. 警察大学校専科「NBCテロ対策」講義
  48. 仙台市講演 (保健所・医療機関職員対象)
  49. 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会 佐賀麻酔・救急懇話会
  50. 第43回放射線防護基礎過程
  51. 原子力体験セミナー「鳥取コース」
  52. オフサイトセンター運営研修 (横須賀)
  53. 愛知県消防学校講演
  54. 第31回原子力入門講座
  55. 放射線防護研修会講義
  56. 静岡県消防学校講演
  57. 第47回原子力防災対策講座「放射線の人体への影響」
  58. 千葉市消防学校救急標準過程
  59. 福島県消防職員対象原子力災害講演会
  60. 原子力体験セミナー「環境科学コースII」

10. 国内における委員会等の専門家派遣

国内における49の委員会等への参加を行った。

  1. 原子力安全委員会 原子力施設等防災専門部会被ばく医療分科会委員 (第13回)
  2. 原子力安全委員会 原子力事故・故障分析評価専門部会 (第2回)
  3. 緊急事態応急対策調査委員会
  4. 平成16年度原子力総合防災訓練に係る調整会議 (第1〜4回)
  5. 研究炉等安全規制検討会委員 (第13回〜19回)
  6. INES評価ワーキンググループ委員 (第2回)
  7. 平成16年度原子力総合防災訓練に係る新潟県との打合せ (第1〜2回)
  8. 原子力総合防災訓練検討会委員
  9. 原子力防災研修部会委員 (第1〜2回)
  10. 原子力防災研修事業 教材作成ワーキンググループ委員 (第1回)
  11. 原子力防災研修事業 救護所活動講座テキスト検討サブグループ委員 (第1〜3回)
  12. 緊急被ばく医療に係る防災訓練のあり方検討委員会委員 (第1〜4回)
  13. 緊急被ばく医療対策専門委員会委員 (第1回)
  14. 医療支援構築委員会委員 (第10回)
  15. 緊急被ばく医療関係者実務研修専門委員会委員
  16. 被ばく医療講師連絡会委員 (第1回)
  17. 福島地区緊急被ばく医療ネットワーク調査検討会 (第5回) オブザーバー
  18. 宮城地区緊急被ばく医療ネットワーク調査検討会 (第5回) オブザーバー
  19. 神奈川地区緊急被ばく医療ネットワーク調査検討会 (第3回) オブザーバー
  20. 青森地区緊急被ばく医療ネットワーク調査検討会 (打合せ会) オブザーバー
  21. 北海道地区緊急被ばく医療ネットワーク調査検討会 オブザーバー
  22. 緊急被ばく医療「全国ネットワーク会議」

>> 緊急被ばくに関する研究


ページトップ
ホーム 緊急被ばく医療研究センター 組織について 放医研の役割について 緊急被ばく医療体制について 被ばく事故対応の事例 緊急被ばく医療施設の紹介 業務実績について 緊急被ばくQ&A 医療・防災関係者の方々へ