緊急被ばく医療研究センター
緊急被ばくメニュー1
緊急被ばくメニュー2

緊急被ばくに関する研究 > 5.業務実績について >

平成14年度 原子力災害対応業務実績

放射線医学総合研究所は、中央防災会議「防災基本計画」により、緊急被ばく医療活動を行うこと、また原子力安全委員会原子力発電所等周辺防災対策専門部会「緊急被ばく医療のあり方について」において、三次被ばく医療の中心機関と位置づけられている。これらに基づき、平成14年度には以下のような原子力災害対応業務活動を行った。

1. 現地への要員・機器の支援体制の維持・整備

(1) 放医研原子力防災訓練の実施

中央防災会議が決定した「平成14年度総合防災訓練大綱」に基づいて行う原子力災害に係る訓練の一環として、防災週間を中心に以下の訓練を実施した。

  1. 所内原子力防災関係者間の緊急時通報連絡訓練
  2. 緊急モニタリング用資機材点検及び取扱訓練並びに模擬測定訓練
  3. 緊急被ばく医療診療チーム等による体内汚染患者対応訓練
    イ) 放医研救急車を使用した汚染患者受け入れ搬送訓練
    ロ) 患者の汚染検査、創傷部の除染及び測定等の措置訓練
    ハ) 肺モニターによる体内物質の測定訓練

2. 緊急被ばく医療施設の維持・管理

イ)  緊急被ばく医療対応時の記録・保存及び教育訓練時の記録・トレーニングに利用するため、記録システムを設置した。
ロ)  国内では認可されていない薬剤も含めた体内除染剤等の更新、及び緊急被ばく医療 における装具類等の更新を行った。
ハ)  緊急被ばく医療施設における被ばく患者の受け入れ体制を維持するとともに、緊急被ばく医療に関する測定器、医療機器の点検及び体内除染剤、キレート剤、ヨウ素剤 等の点検を月1回実施した。
ニ)  モニタリング用の資機材の整備・維持、管理を行った。

3. 緊急被ばく医療ネットワーク会議の開催

放医研緊急被ばく医療ネットワーク会議を開催し、外部の専門医療機関等と緊急被ばく医療に関する協力のためネットワークを構築し、情報交換、人的交流を通じ平常時から緊急被ばく医療体制の充実を図った。

4. 染色体ネットワーク会議の開催

染色体による線量評価機能を持つ全国の専門機関をネットワーク化し、緊急時の対応に備えるとともに、これら機関への適切な支援と助言を行うことで、当該機関の技術の維持・向上を推進することを目的として、染色体ネットワーク会議を2回開催し、緊急時の協力体制の構築を図った。

5. 物理学的線量評価ネットワーク準備会議の開催

平成15年度より物理学的線量評価の専門機関が有機的に連携を図り、迅速かつ正確に線量評価を行う体制を整えるとともに技術の継承と後進の育成を図ることを目的とし、物理学的線量評価のネットワークを構築することとしている。本年度は、本会議の方向性を探るため、準備会議を2回実施した。

6. 地域被ばく医療協議準備会議の開催

平成15年度より原子力施設が立地する地方自治体と放医研との連携を強化し、事故発生から患者が病院に搬送されるまで、搬送された病院での放射線管理・防護体制、後方施設への搬送などが速やかに行える具体的な協力体制を構築することとしている。本年度は、本会議の方向性を探るため地域被ばく医療協議準備会議を茨城県(水戸市)で開催した。また、福島県、新潟県と打ち合わせを行った。

7. 原安協との緊急被ばく医療協議会

(財)原子力安全研究協会放射線災害医療研究所と定期的に意見交換や情報交換を行い、緊急被ばく医療に関する事業について、適切な連携関係を構築し効率的な推進を図ることを目的として、同協議会を開催し意見交換を行った。

8. 原子力災害対応研修について

年7回にわたり下記の研修において、講義及び実習を行った。

  • 第47回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数30名)
  • 第48回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数32名)
  • 第49回緊急被ばく救護・訓練課程 (受講者数32名)
  • 第9回緊急被ばく医療セミナー (受講者数20名)
  • 第10回緊急被ばく医療セミナー (受講者数20名)
  • 第11回緊急被ばく医療セミナー (受講者数18名)
  • 平成14年度海上原子力防災研修 (受講者数26名)

9. 国及び地方自治体等の防災訓練への参加

国及び地方自治体が主催する原子力防災訓練に参加し指導・助言を行った。

(1) 国が主催する原子力防災訓練への参加

「原子力災害対策特別措置法」及び「平成14年度総合防災訓練大綱」に基づいて行う原子力災害に係る訓練の一環として国が主催する訓練に参加した。

1) 平成14年度原子力総合防災訓練 (関西電力大飯原子力発電所対象)

イ) 文部科学省他関係機関との通報連絡訓練
ロ) 緊急被ばく医療に関する専門家及び緊急被ばく医療派遣チーム員の現地派遣

2) 平成14年度文部科学省原子力防災訓練 (日本原子力研究所東海研究所JRR-3対象)

イ) 文部科学省他関係機関との通報連絡訓練
ロ) 緊急被ばく医療派遣チーム員及び訓練コントローラ(進行・指示する者)担当職員の派遣

(2) 地方自治体が主催する原子力防災訓練へ参加

地方自治体が主催した原子力防災訓練に参加し、緊急被ばく医療に関する専門家及び緊急被ばく医療派遣チーム員を派遣した。

  1. オフサイトセンター機能班別訓練に参加 (茨城県原子力オフサイトセンター)
  2. 茨城県原子力防災訓練に参加
  3. 北海道原子力防災訓練に参加
  4. 愛媛県原子力防災訓練に参加
  5. 鹿児島県原子力防災訓練に参加
  6. 福井県原子力防災訓練に参加
  7. 福島県原子力防災訓練に参加
  8. 新潟県原子力防災訓練に参加
  9. 佐賀県原子力防災訓練に参加
  10. 静岡県原子力防災訓練に参加

10. 国・地方自治体等が主催する講習会、研修会における講義・実習

地方自治体等の講習会、研修会へ61件の協力を行った。

  1. 東大原子力工学研究施設の臨界記念式典講演
  2. 原子力防災専門官赴任前研修 (経産省)
  3. 大分医科大学講演 (放射線作業従事者講習)
  4. 災害介護研修講義 (日本看護協会)
  5. 原子力防災基礎講座 (救護所活動)(第47〜57回)11件(原安技センター)
  6. 第4回放射線生物学日仏ワークショップ
  7. 第42回専門講座 (放射線と人体への影響)(原安技センター)
  8. 第1期原子力防災専門官研修 (基礎)(経産省)
  9. 第1回災害医療従事者研修
  10. 放医研一般講演会
  11. 原子力体験セミナー (小、中、高教職員) 2件
  12. 新潟県緊急時医療講習会
  13. 緊急被ばく医療全国拡大フォーラム
  14. 日本原子力学会2002年秋の大会「我が国の緊急被ばく医療について」
  15. 韓国がんセンター病院緊急被ばく医療施設オープニングセレモニ講演
  16. 北海道主催 原子力防災研修会 (消防関係)
  17. 鹿児島県原子力救護研修会
  18. 第2期原子力防災専門官研修 (基礎)(経産省)
  19. 福島県緊急被ばく医療研修会
  20. 千葉大学連携大学院生のための講義
  21. 佐賀県緊急被ばく医療対策講習会
  22. 原子力防災実務講座 (救護所活動)(第7・8回)(原安技センター)
  23. 警察大学NBCテロ対策専科講義
  24. チェルノブイリ疫学関係専門家会議講演 (放影研)
  25. 筑後・鳥栖プレホスピタルケア・アーベント講義
  26. 第2回災害医療従事者研修
  27. 原子力体験セミナー (秋田コース)(日本原子力文化振興財団))
  28. 茨城県立水戸看護専門学院講義
  29. 産業医学専門講習会 (産業医学振興財団)
  30. 第29回原子力入門講座 (日本原子力研究所)
  31. 神奈川県被ばく医療研修会講義
  32. 第44回専門講座 (原研)
  33. 原子力防災専門官現地研修講義 (経産省))
  34. 京都府「原子力防災講習会II」講義
  35. 千葉市消防学校 救急標準課程講義
  36. 千葉県消防学校 初任科研修 (第134・135期)
  37. 国際原子力安全セミナー
  38. 原子力防災専門官研修 (応用編)(経産省)
  39. 原子力防災専門官現地研修カリキュラム島根
  40. 原子力体験セミナー (環境科学コースII)
  41. 千葉消防大学校救助科講義及び実習 (第46・47期)
  42. 原子力防災基礎講座 (海上防災)(第5・6・7回)
  43. 原子力防災基礎講座 (搬送活動)(第2・3回)
  44. 原子力防災実務講座 (警察)(第8回)

11. 国内における審議会等の専門家派遣

国内における審議会等へ68件の参加を行った。

  1. 原子力安全委員会原子力施設等防災専門部会委員 (第7回)
  2. 原子力安全委員会原子力施設等防災専門部会被ばく医療分科会委員 (第6・7・9・10回)
  3. 原子力安全委員会内部被ばく医療検討ワーキンググループ委員 (1回)
  4. 原子力安全委員会被ばく医療分科会心のケア及び健康不安対策検討会委員 (第8・9回)
  5. 原子力安全委員会緊急技術助言組織及び原子力艦災害対策緊急技術助言組織委員 (第1 回)
  6. 原子力安全委員会 緊急技術助言組織グループ別活動検討会(医療グループ)委員 (2回)
  7. 外務省 軍備管理・科学審議官 非公式ブリーフィング
  8. 原子力防災研修部会委員 (第1〜2回)(原安技センター)
  9. 原子力防災研修事業教材作成ワーキンググループ委員 (第1〜4回)(原安技センター)
  10. 原子力防災研修事業医療講座教材作成サブグループ委員 (第1〜4回)(原安技センター)
  11. 緊急被ばく医療に係る防災訓練のあり方検討委員会委員 (第1〜5回)(原安技センター)
  12. 原子力防災研修事業 医療講座等講師連絡会委員 (原安技センター)
  13. 医療支援検討委員会委員 (第11・13・15回)(原安協)
  14. ヨウ素剤取扱マニュアル検討委員会委員 (第1〜3・5・6回)(原安協)
  15. 三次被ばく医療ブロック体制検討委員会委員 (第2〜6回)(原安協)
  16. 心のケアー等調査検討委員会 (第1〜3回)
  17. 高次被ばく医療ネットワーク検討連絡会委員 (第3回)(原安協)
  18. 放射線事故医療研究会委員
  19. 原子力防災訓練検討委員会 (原安技センター)
  20. 原子力防災研究会緊急被ばく医療ネットワーキンググループ委員 (2回)
  21. 原子力防災研究会主催シンポジウム
  22. 千葉県原子爆弾被爆者医療審査会委員 (8回)
  23. 原子爆弾被爆者指定医療機関等医師研究会委員 (長崎県)
  24. 茨城県JCO事故対応健康管理委員会委員 (第7〜8回)
  25. 茨城県緊急被ばく医療情報ネットワーク係わる会議委員 (1回)
  26. 原子力防災対策検討委員会 緊急時医療専門委員会委員 (第9〜10回)
  27. 茨城県原子力防災連絡協議会幹事会委員 (第7回)
  28. 茨城県緊急被ばく医療体制に関する情報連絡会 (第1回)
  29. 青森県緊急被ばく医療検討委員会委員 (2回)
  30. 北海道緊急被ばく医療活動実施要領策定検討会議委員 (1回)

12. 情報の収集・発信

  1. ロシア生物物理研究所が保有している急性被ばく患者の治療データを120件入手した。今後、データベース化して我が国における急性放射線被ばく患者の治療に備える。
  2. ファイルドキュメンテーションシステムに第5福竜丸をはじめとする事故例の資料の保存作業を行った。
  3. ビキニ被災者、トロトラスト、JCO事故被ばく者等の追跡調査をし、被ばく医療データを集積した。
  4. WHO/REMPANのデータベースとの互換性を担保しながら、データベースの基本部分を構築し、放医研の環境に合わせて最適化するため事前調査を行った。
  5. 国立大蔵病院における被ばく事故について、線量評価を中心にして「放射線事故医療研究会」へ報告した。
  6. フランスCEAフォントネオローズ研究所、第4回放射線生物学日仏ワークショップにおいて、「JCO臨界事故に関する報告」の座長を行うとともに「東海村事故の経験」の報告を行った。
  7. 「ナースのための放射線医学」(放医研監修:朝倉書店)において、急性放射線障害、病院における放射線事故について執筆した。
  8. 「総合循環器ケア」において、放射線の人体に与える影響、循環器における放射線の活用等執筆した。
  9. 「総合循環器ケアサポートブック」において、「放射能・放射線とは」を執筆した。
  10. 「Br.J.Radiol.」において、「Initial medical Management of patients severely irradiated in the Tokaimura criticality accident.」を執筆した。

13. 海外の緊急時への対応体制の整備、国際協力活動

  1. 9thWHO/REMPAN meetingにおいて(モスクワ)、「最近の放射線事故について」のセッションで座長を行った。

14. 調査等

  1. チェルノブイリ事故などにおける被ばく治療の情報収集 INSTITUTE OF BIOPHYSICS (ロシア生物物理研究所・モスクワ)
  2. α線施設の視察と汚染事故調査
    Hospital Percy CTB (Burn Treatment Center)(フランス・パリ)、カールスルーエ研究所(ドイツ・フランクフルト)
  3. 茨城県オフサイトセンター及び原子力緊急時支援・研修センター視察
  4. 原子力緊急時支援・研修センターの視察(ひたちなか市)
  5. 緊急被ばく医療体制に関する施設視察・調査(原子力緊急時支援・研修センター福井支所、金沢大学医学部付属病院核医学診療科病棟)
  6. 病院緊急対応研修コース計画策定調査(フィリピン)、国際協力事業団/アジア災害 予備センター(ADPC)

15. 過去の被ばく事故例の追跡、実態把握、医療相談等

  1. 過去の被ばく事故例の追跡、実態把握
    ・ビキニ被災者の定期的追跡調査 9人
    ・トロトラスト沈着症例に関する実態調査 1人
    ・JCO事故の患者の追跡健康調査 1人
    ・八日市場市の軟X線発生装置による右手被ばく事故 3人
    ・長崎県の非破壊検査による右手被ばく事故 1人
  2. JCO事故関連周辺住民等の健康診断および健康診断結果相談会
    ・東海村・那珂町住民の健康相談・診断を行った。
    ・住民等の健康診断結果について説明と相談を行った。
  3. 岩手県高校授業中の被ばく事故
    ・岩手県高校授業中の被ばく事故について、最も多く被ばくした生徒の線量推定を行った。

16. 医療相談

・医療被ばくによる医療相談、妊娠中の胎児への影響、業者の健康相談等 22件

>> 緊急被ばくに関する研究


ページトップ
ホーム 緊急被ばく医療研究センター 組織について 放医研の役割について 緊急被ばく医療体制について 被ばく事故対応の事例 緊急被ばく医療施設の紹介 業務実績について 緊急被ばくQ&A 医療・防災関係者の方々へ