緊急被ばく医療研究センター
緊急被ばくメニュー1
緊急被ばくメニュー2

緊急被ばくに関する研究 > 5.業務実績について >

平成13年度 業務実績

1.原子力事故の際の現地への支援要員・機器の動員体制の維持・整備、患者受け入れ

○原子力事故の際の現地への支援要員・機器の動員体制の維持・整備

  • 放医研緊急被ばく医療に関する原子力訓練として「消防ヘリコプターを使用した汚染患者搬送訓練」、「放医研救急車を使用した汚染患者受け入れ搬送訓練」、「放医研緊急被ばく医療診療チーム等による汚染検査、除染等の汚染患者対応訓練」を実施した。
  • 緊急モニタリングチームを参集し、緊急モニタリング用資機材の点検及び取扱訓練並びに模擬測定訓練を実施した。
  • 放射線安全課員を対象に緊急モニタリング用資機材の取扱説明及び訓練を実施した。

○緊急被ばく医療施設の維持・管理

  • 緊急被ばく医療施設病室の備品等の整備、国内では認可されていない薬剤も含めた体内除染剤等の更新を行った。
  • 緊急被ばく医療施設における常時受け入れ体制を維持するとともに、緊急被ばく医療に関する測定器、医療機器の点検及びキレート剤、ヨウ素剤等の点検を月1回実施した。

○患者受け入れ

  • 国立大蔵病院(現在の国立生育医療センター)のリニアック調整中による被ばく事故現地で事故の再構築を行い、被ばく線量の推定を行うとともに患者1名を放医研に収容、急性障害の有無を調べた。

2.放医研緊急被ばく医療ネットワークの運用

○緊急被ばく医療ネットワークの運用

  • 放医研緊急被ばく医療ネットワーク会議を開催 1回
    外部専門機関と緊急被ばく医療に関する協力のためネットワークを継続し、情報交換、人的交流を通じて平常時から緊急被ばく医療体制の充実を図っている。
  • 染色体ネットワーク準備会議を開催 1回
    緊急時において染色体異常による線量評価を迅速に実施するネットワークを構築するための準備会議を開催し、外部専門機関の協力を得る準備を図った。

○「緊急被ばく医療フォーラム」及び「放射線事故医療研究会」の共催による開催 1回

  • 緊急被ばくに係わる各分野の専門家、実務者等による講演・討議及び意見交換を通じ、緊急被ばく医療の実効性向上を目指して共通認識を深めた。

3.人材の教育訓練、育成

○原子力災害対応研修について(8件)

  • 第44回緊急被ばく救護訓練課程(受講者数 30名)を実施
  • 第45回 同上 (同 30名)を実施
  • 第46回 同上 (同 33名)を実施
  • 第6回緊急被ばく医療セミナー(受講者数 20名)を実施
  • 第7回 同上 (同 20名)を実施
  • 第8回 同上 (同 20名)を実施
  • 平成13年度海上原子力防災研修(受講者数25名)を実施
  • 平成13年度原子力軍艦放射能調査技術研修会(受講者数22名)を実施

○国際協力

  • IAEA/RCA Regional Training Course on "Medical Preparedeness and Response to Radiation Accidents (RAS/9/018/027)"を8月20日〜24日まで 放医研にて開催した。これは東および東南アジアの医師の為の講習会で、13カ国22名の医師がこれらの国から参加した。テキストは CD-ROMにより作成され、参加者に配布された。
  • スウェーデン国カロリンスカ研究所で開催されたスウェーデン防災訓練のためのサテライトミーティングにおいて、東海村臨海事故における取り組みの経験を報告した。
  • パナマ国立がん研究所の治療装置の事故に対し、IAEAの要請により職員を派遣。

4.地方自治体等の防災訓練、講習会等への協力

○地方自治体等の防災訓練への協力(10件)

  • 文部科学省原子力防災訓練に参加
  • 茨城県原子力防災訓練に参加
  • 愛媛県原子力防災訓練に参加
  • 佐賀県原子力防災訓練に参加
  • 福島県原子力防災訓練に参加
  • 鹿児島県原子力防災訓練に参加
  • 福井県原子力防災訓練に参加
  • 平成13年度原子力総合防災訓練(北海道)に参加し、通報連絡訓練、緊急被ばく医療に関する専門家派遣及び緊急被ばく医療チーム員の現地視察を行った。
  • 内閣府原子力安全委員会の緊急技術助言組織構成員として、理事長他2名が原子力防災訓練に参加
  • 原子力緊急時通報訓練に参加

○地方自治体等の講習会、研修会への協力(37件)

  • 平成13年度第1期原子力保安検査官研修講義
  • 平成13年度第2期原子力保安検査官・原子力防災専門官研修
  • 平成13年度第1期原子力防災専門官研修
  • 平成13年度原子力安全規制業務研修
  • 第1回原子力防災地域実践消防関係コース(青森市)

5.被ばく医療に関する情報の集積・発信

○情報の発信

  • 東海村ウラン加工工場に臨界事故に関する放医研報告書 (村田 啓、明石真言編)を集積・発信した。
  • Proceedings : The Criticality Accident in Tokaimura Medical Aspects of Radiation Emergency (Editors: Hiroshi Tsujii, Makoto Akashi)を集積・発信した。
  • The report of the crirticality accidents in a uranuium conversion test plant in Tokai-mura (Editors: Hajime Murata, Makoto Akashi)を集積・発信した。
  • 内閣府より委託の「内部被ばくを伴う汚染事故に対する被ばく医療の実効性向上に関する調査」について集積・発信した。
  • 国立大蔵病院(現在の国立生育医療センター)のリニアック調整中による被ばく者について被ばく医療データーを集積した。
  • ビギニ被災者、トロトラスト沈着者及び長崎県の非破壊検査による右手被ばく者を追跡調査し被ばく医療データーを集積した。
  • 八日市場市の軟X線発生装置による右手被ばく事故について、被ばく医療データを集積するとともに、事故の線量評価法、臨床経験について日本保健物理学会(仙台市)にて報告した。
  • スウェーデンにおける国の原子力災害訓練の事前シンポジウムで東海村の経験について講演を行い情報発信した。
  • パナマ国立がん研究所で起きた事故に、IAEA調査団の一員として職員を派遣し、被ばく調査結果をIAEAのReport of a Team of Experts, 26 May-1 June 2001 "Investigation of an accidental exposure of radiitherapy in Panama"として刊行され発信した。

6.海外の緊急時への対応体制の整備、国際協力活動

○国際協力及び専門家派遣

  • パナマ国立がん研究所において起きた事故に、IAEA調査団の一員として職員を派遣し(約一週間)被ばく実態の調査にあたった。
    調査結果はIAEA のReport of a Team of Experts, 26 May-1 June 2001 "Investigation of an accidental exposure of radiitherapy in Panama"として刊行された。この結果は、内閣府原子力安全委員会と外務省に報告した。
  • Joint IAEA-WHO Technical Committee Meeting on "Follow-up of Delayed Health Consequence of the Acute Accidental Radiation Exposure - Lessons Learned. に参加し、最近起こった事故に関する報告書を作成した。その結果はFollow-up of delayed health Consequence of acute accidental radiation exposure - Lessons to be learned from their medical managementとして刊行された。またすでに刊行されているものを改定作業に専門家として参加しアドバイスを与えた。
  • IAEA/ Technical Committee Meeting to Assess and Review the International Safety Standards for Intervention in Emergency Exposure Situations Involving Radioactive Iodine に参加し、ヨウ素剤の投与方法に関して検討した。

7.過去の被ばく事例の追跡、実態把握、医療相談

○過去の被ばく事例の追跡、実態把握

  • ビキニ被災者の定期的追跡調査
  • トロトラスト沈着症例に関する実態調査
  • 八日市場市の軟X線発生装置による右手被ばく事故
  • 長崎県の非破壊検査による右手被ばく事故

○医療相談

  • 一般からの放射線に関する健康相談及び放射線に関する一般的な質問、保健所等公共機関からの医療放射線に関する相談、マスコミ等からの映画やクイズに使用する放射線関係の相談。42件

○東海村臨界事故生存者の健康診断

○JCO事故関連周辺住民等の健康診断結果相談会

  • 東海村・那珂町住民の健康相談・診断を行った。
  • 住民等の健康診断結果について説明と相談を行った(第1回〜2回)。

>> 緊急被ばくに関する研究


ページトップ
ホーム 緊急被ばく医療研究センター 組織について 放医研の役割について 緊急被ばく医療体制について 被ばく事故対応の事例 緊急被ばく医療施設の紹介 業務実績について 緊急被ばくQ&A 医療・防災関係者の方々へ