緊急被ばく医療研究センター/REMAT
緊急被ばくメニュー1
緊急被ばくメニュー2

平成27年8月26日、放医研は新たに高度被ばく医療支援センターに指定されました。
旧三次被ばく医療機関と高度被ばく医療支援センターの機能は概ね同様です。
以下の「三次被ばく医療機関」は、「高度被ばく医療支援センター」と読み替えて下さい。

緊急被ばく医療研究センターは、研究所設立の目的の1つにかかげている放射線による人体の障害に関する診断と治療に関する研究を行っています。また、緊急時被ばく医療に関しての業務活動を行い、施設、機器及び体制の整備を行うと同時に臨床的研究・業務においては関連部課と密接な協力の下に進めています。
REMAT部長 明石 真言
緊急被ばく医療研究センター センター長 藤林 康久

組織について 緊急被ばく医療施設の紹介
放医研の役割について 業務実績について
緊急被ばく医療体制について 緊急被ばくQA
被ばく事故対応の事例 医療・防災関係者の方々へ
被ばく事故対応の事例  
本コーナーでは、過去の事故や事件に関わる放射性核種について事故当時に放医研が作成した解説を表現について一部見直した上で掲載しています。
 

ホーム 組織について 放医研の役割について 緊急被ばく医療体制について 被ばく事故対応の事例 緊急被ばく医療施設の紹介 業務実績について 緊急被ばくQ&A 医療・防災関係者の方々へ