07412

[English page] [放射線安全研究成果情報データベース] [放医研ホーム]

このデータベースは、全身計測、バイオアッセイなどの個人モニタリングの計測値から摂取量や預託実効線量を評価する手助けをします。

利用者は、作業者あるいは公衆により、吸入もしくは経口摂取された放射性核種に関し:
(a)体内残留率や排泄率、あるいは
(b)モニタリング計測値当たりの預託実効線量
のグラフを得ることができます。

グラフ検索フォームへ


個人モニタリングの計測値から摂取量と預託実効線量とを計算するパーソナル コンピュータ用ソフト「MONDAL3」をリリースしました。

「MONDAL3」お持ちの皆様へデータ修正のお知らせ: 修正用ファイルをダウンロードし、MONDAL3をインストールしたディレクトリ下の"MData"フォルダに上書き保存してください。 修正用ファイル

計算に用いたモデル及びパラメータ値:
  • 呼吸気道モデル:ICRP(国際放射線防護委員会)Publication 66(1)
  • 体内動態モデル:ICRP Publications 30(2-4), 56(5), 67(6), 69(7), 71(8)
  • 胃腸管モデル:ICRP Publication 30(2);f1 = 1 の時は 0.99 として計算される。
評価対象者:
  • ICRP の標準作業者(1)
  • ICRP の勧告する公衆の構成員(5)
    ・3ヶ月 (1才未満)
    ・1才 (1才以上3才未満)
    ・5才 (3才以上8才未満)
    ・10才 (8才以上13才未満)
    ・15才 (13才以上18未満)
    ・成人 (18才以上)
放射性エアロゾルの特性:
  • AMAD = 0.1, 0.3, 1.0, 3.0, 5.0, 10 μm(作業者の場合)
  • AMAD = 1.0 μm(公衆の場合)
  • 粒子の密度 = 3 g cm-3
  • 粒子の形状係数 = 1.5
  • 幾何学的標準偏差:ICRP Publication 66(1)の式(16)より
掲載放射性核種:
    H-3, P-32, Cr-51, Mn-54, Fe-59, Co-57, Co-58, Co-60, Zn-65, Rb-86, Sr-85, Sr-89, Sr-90, Zr-95, Ru-106, Ag-110m, Sb-124, Sb-125, I-125, I-129, I-131, Cs-134, Cs-137, Ba-140, Ce-141, Ce-144, Hg-203, Ra-226, Ra-228, Th-228, Th-232, U-234, U-235, U-238, Np-237, Pu-238, Pu-239, Pu-240, Am-241, Cm-242, Cm-244 and Cf-252.
このデータベースでは、体内残留量や排泄率のモデル予測値の逆数にICRP CD-ROM(9)掲載の線量係数を乗ずることにより、モニタリング計測値当たりの預託実効線量を計算しています。

参考文献
  • (1) ICRP;ICRP Publication 66, Ann. ICRP, 24(1-3), Elsevier Science Ltd., Oxford (1994).
  • (2) ICRP;ICRP Publication 30 Part1, Ann. ICRP, 2(3/4), Pergamon Press, Oxford (1979).
  • (3) ICRP;ICRP Publication 30 Part2, Ann. ICRP, 4(3/4), Pergamon Press, Oxford (1981).
  • (4) ICRP;ICRP Publication 30 Part4, Ann. ICRP, 19(3/4), Pergamon Press, Oxford (1988).
  • (5) ICRP;ICRP Publication 56, Ann. ICRP, 20(2), Elsevier Science Ltd., Oxford (1989).
  • (6) ICRP;ICRP Publication 67, Ann. ICRP, 23(3/4), Elsevier Science Ltd., Oxford (1993).
  • (7) ICRP;ICRP Publication 69, Ann. ICRP, 25(1), Elsevier Science Ltd., Oxford (1995).
  • (8) ICRP;ICRP Publication 71, Ann. ICRP, 25(3-4), Elsevier Science Ltd., Oxford (1995).
  • (9) ICRP;The ICRP Database of Dose Coefficients: Workers and Members of the Public Ver.1, Elsevier Science Ltd.(1998).

このデータベースは、放医研・防護体系構築研究グループの石榑、仲野、榎本、松本により構築されました。

ICRPの内部被ばく線量評価に関するタスクグループ(INDOS)、および線量計算に関する タスクグループ(DOCAL)、ならびにバイオアッセイデータの解釈に関するワーキング パーティのメンバー諸氏には、本データベースに関し、2002年の春、フランスで開か れたINDOSの会合において有益な討論をして頂きました。謹んで謝意を表します。

お尋ねはmondal@nirs.go.jpまで