トップ  ENGLISH
昨日: 031
本日: 006
合計: 161004
線量計算 自然起源放射性物質
について
規制情報 詳細なデータ 用語集 専門家向け
の情報

 詳細なデータ
調べたい物質をクリックしてください。結果は下部に表示されます。

■天然資源
・金属鉱石や非金属鉱石
亜鉛鉱石 (閃亜鉛鉱など)
アルミニウム鉱石 (ボーキサイトなど)
ウラン鉱石 (歴青ウラン鉱など)
クロム鉱石 (クロム鉄鉱など)
ジルコニウム鉱石 (ジルコン、バデライトなど)
タングステン鉱石 (タングステン酸鉄など)
チタン鉱石 (ルチル、イルメナイトなど)
鉄鉱石 (かっ鉄鉱など)
銅鉱石 (黄銅鉱など)
マンガン鉱石 (水マンガン鉱など)
モリブデン鉱石 (硫化モリブデンなど)
リン鉱石 (リン酸カルシウムなど)
レアアース鉱石 (モナザイト、バストネサイトなど)

・化石燃料
亜炭
石炭
石油、歴青油(原油)
泥炭
・石材や鉱物
安山岩
カオリン
花崗岩
花崗閃緑岩
かんらん岩
輝岩
凝灰岩
玄武岩
スレート
石灰石
千枚岩
閃緑岩
大理石
チャート及びフリント
天然石こう
ドロマイト
はんれい岩
ばん土頁岩
片岩
片麻岩
流紋岩
■天然資源から生成される生成物
・工業製品
精製油
セメント
窒素肥料
リン酸
リン酸石膏
リン酸肥料

・廃棄物
亜炭灰
アルミ工場のスラッジ
精油所のスケール
精油所のスラッジ
石炭灰
泥炭灰
意図的に放射性核種が加えられた一般消費財
一般商品 (放射能濃度のみ閲覧可能です)
靴の消臭剤
靴の中敷
靴箱用脱臭剤
船底塗料
燃費向上剤
排気臭気浄化剤
マフラー触媒
健康グッズ (放射能濃度のみ閲覧可能です)
クリーム
ジェル
パウダー
石鹸
マイナスイオンシール
ラドン温泉の素
家庭用温泉器
布団
ブレスレット

  放射能濃度

物質名 放射性核種 Bq/kg
リン鉱
U-238 系列
Th-232 系列
K-40
IAEA規準値 U-238 系列
Th-232 系列
K-40
■用語の説明:「放射能」「放射能濃度」「U-238系列核種」「Th-232系列核種」「K-40」
■U-238系列核種、Th-232系列核種、K-40の放射能濃度は本データベースのデータ平均値です(放射能濃度が極端に低い場合、棒グラフは表示されません)。この値は、本データベースのデータ(文献値、実測値)を単純に平均した値で、代表的な値の目安を示すものです。平均値の元となった個々の値は、平均値の10倍以上の値もあり、大きな幅があります。U-238系列核種、Th-232系列核種、K-40の放射能濃度の分布の確認は下記の「放射能濃度の分布」をご覧ください。U-238系列核種、Th-232系列核種、K-40の放射能濃度の個々のデータは下記の「詳細な放射能データ(個々の放射能データ)」をご覧ください。

■IAEAでは、IAEA規準値以下の物質を規制の対象外としています。
■わが国では、原子炉等規制法で定められている数量・濃度以下の物質を規制の対象外としています。
■原子炉等規制法による規制の対象外物質であっても、IAEA規準値を超えている場合は、実際に線量を測定することをお勧めします。


「詳細な放射能データ
(個々の放射能データ)」
「放射能濃度の分布」


  線量 (放射線の量)
利用様式 mSv/年
輸送 日常の線量と比較する
屋内加工 日常の線量と比較する
屋内貯蔵
日常の線量と比較する
屋外加工
日常の線量と比較する
屋外貯蔵 日常の線量と比較する
道路建設
日常の線量と比較する
建築 日常の線量と比較する
ICRP
線量規準





■上記の線量(身体が浴びる放射線の量)は、実効線量で表されています。実効線量とは放射線被ばくによる全身の健康影響を評価するためのもので、放射線防護の目的にのみに使用されます。線量はSv(シーベルト)という単位で表されます。
■上記の実効線量は、欧州委員会報告書RP-122の線量計算方法で(典型的な作業環境を仮定して)、算出した値です。ラドンによる被ばくは含まれていません。
■実効線量計算の対象とした放射性核種は、U-238系列核種、Th-232系列核種、K-40です。実効線量計算に用いた放射能濃度は、本データベースの放射能濃度データ平均値です(線量が極端に低い場合、棒グラフは表示されません)。放射能濃度データの個々の値は、平均値の10倍以上の値もあり、大きな幅があります。そのため、実効線量も大きな幅をもっています。放射能濃度の最大値、最小値を用いて算出した実効線量は下記の「線量の分布」から確認することができます。
■mSv(ミリシーベルト)はSvの1000分の1です。
■mSv/年とは、1年間の実効線量を意味しています。例えば、2mSv/年とは、1年間で浴びる放射線が2mSvであることを意味します。
■ICRP線量規準とは、国際放射線防護委員会(ICRP) Publication.82で勧告されている介入免除レベル(1mSv/年)のことです。ICRPでは、介入免除レベル以下の線量であれば、その線量を低減させるような処置を講ずる必要はないとしています。
■1mSv/年を超える場合は、可能な限り線量を低減して1mSv/年以下にすることをお勧めします。
放射線の影響について確認する。
わが国の自然起源放射性物質の規制情報(法律・ガイドライン)について確認する。
放射線の防護方法について確認する。

「詳細な線量評価」   「線量の分布」  
  日本の輸入量 (使用量)
【 輸入国ベスト5 】2005年
国名輸入依存率(%)輸入量(t)
中華人民共和国50.02 (%)387333 (t)
ヨルダン19.30 (%)149420 (t)
モロッコ14.46 (%)111930 (t)
南アフリカ共和国14.37 (%)111274 (t)
イスラエル1.51 (%)11700 (t)
その他0.34 (%)2640 (t)

総輸入量 774297 (t)

「詳細な輸入量(使用量)データ」
  用途 
「詳細な用途データ」
ページの先頭に戻る