環境放射能安全研究年次計画

研究カテゴリ 研究概要
A.環境・線量研究 原子力施設等に由来する放射線及び放射性物質に主眼を置きつつ、一般公衆の生活環境にかかわる全ての放射線源についてのレベル、特性及び挙動に関する研究
B.安全評価研究 ヒトの放射線リスク評価の最新の基本データを収集解析し、リスク推定の理論的根拠を検討、リスク評価モデルを作り、信頼度の高い我が国独自のリスク評価体系を構築
C.生物影響研究 放射線が生体にどう働くかという作用機構に関する基礎的研究及び種々の実験動物を用いた低線量放射線の影響を定量的に明らかにする研究 
D.特定核種の内部被ばく研究 超ウラン元素を中心とするα放射体及びトリチウムによる内部被ばく研究。ラドン・トロン及びその娘核種による内部被ばく・生物学的影響の解明に関する研究


全体の研究カテゴリを見る


放射線安全研究情報 へ戻る