A.環境・線量研究
━ 1. 放射線の分布と特性に関する研究
━ 1.1 放射線の分布と特性に関する研究
━ 1.1.1 放射線の測定法・測定理論に関する研究
━ 1.1.1.1 自然放射線の擬似実効エネルギーに関する研究
━ 1.1.2 自然放射線のレベル、分布、特性に関する研究
━ 1.1.2.1 環境中の空間ガンマ線に関する研究
━ 1.1.2.2 自然環境における電離放射線の様相に関する調査研究
━ 1.1.2.3 体外、呼吸器被曝に影響を与える環境パラメータの検討
━ 1.1.2.4 火山による放射線レベル変動に関する研究
━ 1.1.3 生活環境における放射線のレベル、分布、特性に関する研究
━ 1.1.3.1 屋内における空間放射線のレベルに関する研究
━ 1.1.3.2 生活環境における空間放射線のレベルと特性及び変動要因に関する研究
━ 1.1.3.3 自然環境における放射性核種の挙動ならびに電離放射線の様相に関する研究
━ 1.1.4 特殊環境における放射線のレベル、分布、特性に関する研究
━ 1.1.5 日本における自然放射線レベルの全国調査

━ 1.2 ラドン・トロン及びその娘核種の分布と挙動に関する研究
━ 1.2.1 ラドン・トロン及びその娘核種の測定法に関する研究
━ 1.2.2 ラドン・トロン及びその娘核種の濃度分布に関する研究
━ 1.2.2.1 居住環境中のラドン濃度の調査に関する研究
━ 1.2.3 ラドン・トロン及びその娘核種の特性と挙動に関する研究
━ 1.2.3.1 高ラドン濃度を有する家屋の特性に関する研究
━ 1.2.3.2 生活環境におけるラドン・トロン及びその娘核種の濃度の変動に関する研究
━ 1.2.4 日本における屋内ラドン濃度の全国調査

━ 2. 放射性物質の分布と移行に関する研究
━ 2.1 放射性物質の測定評価法に関する研究
━ 2.1.1 放射性核種の挙動と分析測定法の開発に関する研究
━ 2.1.1.1特異な吸着現象を利用する選択的分離法の開発
━ 2.1.1.2放射性核種を簡便に捕集するための吸着剤の開発
━ 2.1.2 アルファ核種の系統分析及び超微量元素の分析法並びにその応用
━ 2.1.3 環境及び生物系における3H、14Cの測定法に関する研究
━ 2.1.4 大気中トリチウムの化学形別測定法
━ 2.1.5 低バックグラウンド液体シンチレーションカウンタの開発
━ 2.1.6 環境モニタリング試料のβ、γ放射性核種の簡易定量法に関する研究
━ 2.2 放射性物質の環境における分布に関する研究
━ 2.2.1 大気浮遊塵中の放射性核種濃度
━ 2.2.2 環境中のC−14濃度調査
━ 2.2.3 環境中のトリチウムの濃度
━ 2.2.4 陸上試料の調査−飲料水中の長寿命放射性核種濃度−
━ 2.2.5 陸上試料の調査−放射性ルビジウムに関する調査−
━ 2.2.6 陸上試料の調査−環境中におけるテクネチウム等長半減期核種の挙動に関する研究−
━ 2.2.7 環境物質中の放射性元素、安定元素の挙動分配に関する地球化学的調査研究−環境物質中の127Iおよび129Iについて−
━ 2.2.8 環境物質中の放射性元素、安定元素の存在状態と循環に関する生物地球化学的調査研究
━ 2.3 放射性物質の環境中移行と挙動に関する研究
━ 2.3.1 環境生態系におけるトリチウムの挙動解析研究
━ 2.3.1.1 トリチウムの食物連鎖における動態研究
━ 2.3.1.2 環境中におけるトリチウムの移行と化学形の変換に関する研究
━ 2.3.1.3 局地における浅層地下水中トリチウムの挙動解析(六ヶ所村)
━ 2.3.1.4 化学形を考慮したトリチウムの環境挙動:−特に有機形トリチウムについて−
━ 2.3.2 環境及び生物系における3Hと14Cの挙動に関する研究
━ 2.3.2.1 環境及び生物における3Hと14Cの挙動に関する基礎的研究()
━ 2.3.2.1 環境及び生物における3Hと14Cの挙動に関する基礎的研究()
━ 2.3.3 気圏における放射性核種の挙動に関する調査研究
━ 2.3.3.1 大気中放射性物質濃度の変動に及ぼす環境条件の効果に関する調査
━ 2.3.3.2 放射性物質の大気拡散及び沈着に関する研究
━ 2.3.4 陸圏における放射性核種の挙動に関する調査研究
━ 2.3.4.1 陸圏環境における放射性核種の挙動に関する基礎的研究
━ 2.3.4.2 放射性核種の環境挙動に影響を及ぼす諸要因に関する調査研究
━ 2.3.4.3 土壌中における放射性物質の挙動
━ 2.3.4.4 セミフィールド的ライシメータのモデル実験系の開発
━ 2.3.4.5 放射性物質及び安定元素の土壌から植物への移行に関する調査研究
━ 2.3.4.6 「農作物−人体経路」における放射性物質移行の計算モデルとパラメータの設定に関する調査研究−放射性ヨウ素の水稲への移行−
━ 2.3.4.7 「農作物−人体経路」における放射性物質移行の計算モデルとパラメータの設定に関する調査研究
━ 2.3.4.8 長半減期核種の農作物への移行パラメータの設定に関する調査研究
━ 2.3.4.9 ガス状放射性ヨウ素による人体被曝線量推定に関する調査研究
━ 2.3.5 水圏における放射性核種の挙動に関する研究
━ 2.3.5.1 放射性物質の海洋生物濃縮におけるプランクトンの役割
━ 2.3.5.2 放射性核種の海洋生物への濃縮に及ぼす安定元素の影響
━ 2.3.5.3 海洋生態系における元素の生物代謝変換に関する研究
━ 2.3.5.4 沿岸海域における安定元素及び長半減期核種のキャラクタリゼーション
━ 2.3.5.5 沿岸における放射性物質の移行・循環に関する研究
━ 2.3.5.6 沿岸地域における生物への放射性核種の移行パラメータとその変動に関する研究
━ 2.3.5.7 沿岸海域における生物濃縮パラメータ
━ 2.3.5.8 沿岸海域における長寿命放射性核種及び極微量元素の分布に関する研究
━ 2.3.5.9 沿岸海域試料の解析調査
━ 2.3.5.10 外洋・深海における放射性核種の挙動
━ 2.3.5.11 海底付近における放射性核種のフラックス
━ 2.3.5.12 放射性物質の海洋生物臓器組織への結合に関する研究
━ 2.3.5.13 淡水生物への放射性核種の移行に関する研究
━ 2.3.5.14 淡水中における放射性物質の化学挙動と生物濃縮に関する調査研究
━ 2.3.5.15 青森県沿岸生物における放射性核種及び安定元素の移行に関する研究
━ 2.3.6 放射性核種の移行・循環モデルに関する研究
━ 2.3.6.1 陸圏水循環モデルの局地への適用性
━ 2.3.6.2 放射性核種の環境中移行の局地規模総合モデルに関する研究
━ 2.4 原子力施設周辺における放射性物質のレベルと挙動に関する研究
━ 2.4.1 原子力施設周辺の陸水圏におけるトリチウムの挙動解析

━ 3. 放射性物質の人体内における挙動に関する研究
━ 3.1 放射性物質の人体摂取量に関する研究
━ 3.1.1 放射性及び安定元素摂取量に関する研究
━ 3.1.1.1 茨城県沿岸原子力施設周辺住民の食品実態調査
━ 3.1.1.2 茨城県沿岸原子力施設周辺住民の放射性及び安定元素摂取量に関する調査研究
━ 3.1.1.3 原子力施設周辺住民の放射性及び安定元素摂取量に関する調査研究
━ 3.2 放射性物質の人体への移行、体内分布、濃度に関する研究
━ 3.2.1 長半減期核種の食品−人体系における移行と体内分布に関する研究
━ 3.2.2 アクチノイド核種等の食品−人体系での移行と体内分布に関する研究
━ 3.2.3 環境試料(及び)人体臓器中のプルトニウム等の濃度測定
━ 3.2.4 人骨(体)中の放射性核種(濃度)の解析調査
━ 3.2.5 人体の放射性核種濃度及び線量の解析調査
━ 3.2.5.1 人体の放射性核種濃度の解析調査(1)−ヒューマンカウンターによる137Csの体内量の経時変化に係る解析調査−
━ 3.2.5.2 人体の放射性核種濃度の解析調査(2)−ヒューマンカウンターによる放射性核種代謝データに係る解析調査−
━ 3.3 放射性物質の人体内における挙動、体内代謝に関する研究
━ 3.3.1 環境中の放射性物質の生体内代謝とそれによる被曝線量評価に関する研究
━ 3.3.2 トリチウム水の代謝
━ 3.3.3 有機形トリチウムの生体内動態と被曝線量評価に関する研究
━ 3.3.4 放射性物質の存在状態の体内代謝に関する研究
━ 3.3.5 放射性物質の年齢群別体内代謝(放射性物質代謝の年齢依存性に関する実験的研究)
━ 3.3.6 アクチニド核種等の代謝モデルと線量算定
━ 3.3.7 放射性核種の代謝に関する比較動物学的研究
━ 3.3.8 放射性核種の安定同位体微量元素の臓器内分布
━ 3.4 放射性物質の人体内における挙動に係わる基礎的データに関する研究
━ 3.4.1 標準日本人の設定に関する調査研究
━ 3.4.1.1 標準日本人の生理・生化学的特性に関する研究
━ 3.4.1.2 標準日本人の人体特性と線量算定に関する研究
━ 3.4.1.3 日本人の人体特性と線量算定
━ 3.4.2 標準アジア人の設定に関する調査研究
━ 3.4.3 標準人データベースの作成に関する研究
━ 3.4.4 公衆被曝のリスク評価に関する生物学的調査研究
━ 3.4.5 超ウラン元素による内部被曝のリスク評価に関する調査研究

━ 4. 線量算定モデル及び国民の被ばく線量の算定に関する研究
━ 4.1 線量算定法(ミクロ)、マイクロドジメトリに関する研究
━ 4.1.1 体外被曝線量推定に関する調査研究
━ 4.1.2 環境放射線による臓器吸収線量の推定並びに評価に関する調査研究
━ 4.1.3 人体臓器組織の吸収線量(の測定)に関する研究
━ 4.1.4 放射線のエネルギー付与過程の微細構造に関する研究
━ 4.1.5 線量算出における主要核データの測定並びに評価
━ 4.2 線量算定評価モデルとパラメータ(マクロ、集団)に関する研究
━ 4.2.1 公衆のための代謝モデルの設定に関する研究
━ 4.2.2 線量算定モデル及び国民の被曝線量の算定に関する研究
━ 4.2.3 体外・呼吸器被曝評価モデルの精密化と影響因子に関する研究
━ 4.2.4 人体におけるPu等の代謝モデルと線量推定に関する研究
━ 4.2.5 環境安全評価のためのパラメータに関する調査研究
━ 4.3 線量算定に関する研究
━ 4.3.1 自然放射線による被曝線量に関する研究
━ 4.3.1.1 空間放射線線量の推定における影響因子に関する調査研究
━ 4.3.1.2 環境放射線及び放射能による国民線量の推定
━ 4.3.1.3 屋内、外のラドン等による被曝線量調査
━ 4.3.2 医療上の被曝による国民線量の推定のための実態調査
━ 4.3.2.1 歯科X線撮影の実態調査
━ 4.3.2.2 胃集団検診の実態調査
━ 4.3.2.3 核医学診断治療
━ 4.3.2 医療被曝による線量に関する研究
━ 4.3.2.2 トロトラスト被投与者の被曝線量推定に関する研究
━ 4.3.3 職業被曝による線量の算定に関する研究
━ 4.3.3.1 職業上の被曝による線量の実態調査
━ 4.3.4 線量算定に関するその他の研究
━ 4.3.4.1 一般公衆の被曝線量評価に関する研究
━ 4.3.4.2 誘導限度設定のための被曝線量評価モデルの開発
━ 4.3.4.3 体内被曝線量算定モデルの開発とデータ・ベースの整備
━ 4.3.4.4 公衆の実効線量当量算定法の確立
━ 4.3.4.5 体外被曝に影響を与える環境パラメータ
━ 4.3.4.6 呼吸器被曝に影響を与える環境パラメータ
━ 4.3.4.7 超ウラン元素の組織微細線量評価に関する研究
━ 4.3.4.8 アクチニド元素の臓器線量評価技術の開発
━ 4.3.5 環境放射線による被曝線量推定に関する調査研究
━ 4.3.6 低レベル放射性廃液の沿岸放出による人体被曝の予測に関する調査研究
━ 4.3.6.1 海産生物による放射性核種の濃度及び排出の機構に関する調査研究
━ 4.3.6.2 海水、堆積物、生物間の元素の分配機構に関する研究
━ 4.3.6.3 海洋環境試料中の微量安定元素濃度に関する研究
━ 4.3.6.4 海産生物の放射能モニタリング方法の開発に関する調査研究
━ 4.3.6.5 浦底湾における60Coの放射生態学的研究
B.安全評価研究
━ 5. 安全評価研究
━ 5.1 放射線のリスク解析にかかわる基礎的調査研究
━ 5.1.1 低線量放射線影響に関わるデータベースの整理に関する研究
━ 5.1.2 低線量放射線の影響の理論的評価に関する研究
━ 5.2 放射線リスク解析手法開発に関わる調査研究
━ 5.2.1 放射線障害モデルの開発に関する調査研究
━ 5.2.2 健康・環境安全評価システムの開発に関する研究(第1期)
━ 5.2.3 廃棄物処理に伴う環境防護最適化技法に関する研究
━ 5.2.4 ラドンによる肺線量低減対策に関する意志決定の最適化技法研究
━ 5.3 放射線のリスク解析に関わる調査研究
━ 5.3.1 環境放射線と発がんに関する疫学的調査結果の解析的研究
━ 5.4 リスクの総合評価と比較解析に関する研究
━ 5.4.1 リスクの総合的評価と比較解析に関する研究
━ 5.4.1.1 日本における最近の労働災害のリスク
━ 5.4.1.2 日本人によるリスクの比較、認知に関する研究
━ 5.5 リスク解析の応用に関する研究
━ 5.5.1 日本人のALI等の設定に関する研究

━ 6. リスクの低減化に関する研究
━ 6.1 内部被曝リスクの低減化に関する研究
━ 6.1.1 キレート剤による生体除染とリスク低減に関する研究
━ 6.1.2 放射性物質の体外排出促進薬剤の人体における安全性の評価と実用性の検討

━ 7. 緊急時対応と放射線防護技術に関する研究
━ 7.1 緊急時における線量予測に関する研究
━ 7.1.1 放射能迅速評価システム(ERENS)
━ 7.2 緊急時における個人及び集団の線量評価に関する研究線量予測に関する研究
━ 7.2.1 緊急時被曝線量評価法に関する研究(砂糖ESR線量計)
━ 7.2.2 緊急時被曝線量評価法に関する研究(TLD)
━ 7.3 放射線防護技術に関する研究
━ 7.3.1 内部被曝個人モニタリングの改善に関する研究
━ 7.3.2 吸入による内部被曝の防護技術に関する研究

C.生物影響研究
━ 1. 放射線影響の基礎研究
━ 1.1 DNA損傷、染色体異常と修復、突然変異、がん化
━ 1.1.1 放射線によるDNA損傷と修復及び突然変異の機構に関する分子生物学的研究
━ 1.1.1.1 ゲノムの遺伝的安定性に関する分子生物学的研究
━ 1.1.1.2 遺伝的高リスク群の染色体不安定化ヒト遺伝子の研究
━ 1.1.1.3 放射線感受性に関するヒトゲノム解析研究
━ 1.1.1.4 放射線によるオンコジーンの活性化に関する研究
━ 1.1.2 放射線による染色体異常の誘発及び修復に関する研究
━ 1.1.2.1 霊長類リンパ球を用いた放射線誘発染色体異常の線量効果に関する研究
━ 1.1.3 培養細胞における突然変異とがん化に関する研究
━ 1.1.3.1 培養細胞における放射線突然変異の線量効果に関する研究
━ 1.1.3.2 培養細胞によるヒト放射線突然変異のリスク推定の研究
━ 1.1.3.3 放射線による細胞のトランスフォーメーションの研究
━ 1.1.3.4 低線量率照射による体細胞突然変異に関する研究
━ 1.1.4 高LET放射線の生物作用に関する研究
━ 1.1.5 人の放射線障害の細胞遺伝学的研究
━ 1.1.5.1 低レベル放射線の人体影響に関する細胞遺伝学的研究
━ 1.2 発生異常、発達障害、分化異常
━ 1.2.1 動物胎児培養系における催奇形性に関する研究(放射線による発生異常のモデル実験系の開発)
━ 1.2.2 低線量放射線による哺乳類での体細胞突然変異及び分化異常の誘発に関する研究
━ 1.3 晩発性障害、発がん
━ 1.3.1 放射線発がんに関する実験的研究
━ 1.3.1.1 放射線発がん過程の細胞分子機構の解明に関する研究

━ 1.3.1.3 放射線による発がんとその変動要因に関する研究
━ 1.3.1.4 放射線による腫瘍発生の線量・線質・線量率効果に関する研究
━ 1.3.2 晩発障害一般に関する実験的研究
━ 1.3.2.1 免疫系に対する放射線の短期的ならびに長期的影響に関する研究
━ 1.3.2.2 放射線による非腫瘍性長期影響に関する研究
━ 1.4 継世代的影響、遺伝障害
━ 1.4.1 霊長類の染色体異常に関する実験的研究
━ 1.4.1.1 放射線による遺伝障害の検出システムの開発に関する研究
━ 1.4.1.2 哺乳類生殖細胞における遺伝的障害の発現とリスク推定に関する研究
━ 1.4.1.3 霊長類による放射線誘発染色体異常のリスク推定の研究
━ 1.5 低線量放射線の生物影響
━ 1.5.1 低線量域における発がんの線量効果関係に関する実証的研究
━ 1.5.2 放射線ホルミシス及び適応応答現象の発現機構に関する研究
━ 1.6 モデル実験系及び実験技術の開発
━ 1.6.1 モデル実験動物の開発に関する研究
━ 1.6.2 放射線感受性(修復欠損)マウスの作製に関する研究
━ 1.6.3 染色体分析技術の開発

━ 2. 疫学的研究
━ 2.1 ビキニ・トロトラスト患者等についての疫学的調査研究

━ 3. 放射線の急性効果及びその防護と治療法に関する研究
━ 3.1 急性放射線骨髄障害と造血刺激因子による回復動態に関する研究
━ 3.2 同種骨髄移植におけるGVH、HVG反応の制御と移植免疫寛容導入に関する研究
━ 3.2.1_同種骨髄移植におけるGVH、HVG反応の制御に関する研究
━ 3.2.2_同種移植における免疫寛容の導入に関する研究

D.特定核種の内部被ばく研究
━ 1. 内部被曝の生物影響に関する研究(重要核種の研究)
━ 1.1 内部被曝実験棟建設のための基礎的研究
━ 1.1.1 放射性核種の体内分布の検討技法の研究
━ 1.1.2 放射性エアロゾル吸入実験法の研究
━ 1.1.3 内部被曝実験用動物の開発に関する研究
━ 1.1.4 超ウラン元素を含む動物廃棄物の処理処分に関する研究
━ 1.2 内部被曝影響の定量的推定に関する研究
━ 1.2.1 放射性核種の代謝と体内分布に関する研究
━ 1.2.2 骨中における放射性核種の分布と挙動に関する研究
━ 1.2.3 組織微細分布と線量評価に関する調査研究
━ 1.2.4 放射性粒子の生物学的効果に関する研究
━ 1.2.5 内部被曝影響のヒトへの外挿に関する比較動物学的研究
━ 2. 特定核種の内部被曝研究
━ 2.1 超ウラン元素に関する内部被曝研究
━ 2.1.1 プルトニウムの挙動、生体内代謝に関する研究
━ 2.1.2 プルトニウムの内部被曝の生物影響に関する影響
━ 2.1.3 プルトニウムの生体除染に関する研究
━ 2.1.4 超ウラン元素の内部被曝の防護技術に関する研究
━ 2.2 トリチウムの生物影響研究
━ 2.2.1 トリチウムの生体への取り込みと生体内での動態に関する研究
━ 2.2.2 トリチウムの細胞・生物影響に関する研究
━ 2.2.3 トリチウムによる人の放射線障害、予防に関する研究


放射線安全研究情報 へ戻る