A.環境・線量研究
1. 放射線の分布と特性に関する研究
   1.1 放射線の分布と特性に関する研究
   1.2 ラドン・トロン及びその娘核種の分布と挙動に関する研究
  2. 放射性物質の分布と移行に関する研究
   2.1 放射性物質の測定評価法に関する研究
   2.2 放射性物質の環境における分布に関する研究
   2.3 放射性物質の環境中移行と挙動に関する研究
 2.4 原子力施設周辺における放射性物質のレベルと挙動に関する研究
3. 放射性物質の人体内における挙動に関する研究
 3.1 放射性物質の人体摂取量に関する研究
 3.2 放射性物質の人体への移行、体内分布、濃度に関する研究
 3.3 放射性物質の人体内における挙動、体内代謝に関する研究
 3.4 放射性物質の人体内における挙動に係わる基礎的データに関する研究
4. 線量算定モデル及び国民の被ばく線量の算定に関する研究
 4.1 線量算定法(ミクロ)、マイクロドジメトリに関する研究
 4.2 線量算定評価モデルとパラメータ(マクロ、集団)に関する研究
 4.3 線量算定に関する研究
 4.3.1 自然放射線による被曝線量に関する研究
 4.3.2 医療被曝による線量に関する研究
 4.3.3 職業被曝による線量の算定に関する研究
 4.3.4 線量算定に関するその他の研究
   4.3.4.1 一般公衆の被曝線量評価に関する研究
   4.3.4.2 誘導限度設定のための被曝線量評価モデルの開発
   4.3.4.3 体内被曝線量算定モデルの開発とデータ・ベースの整備
     ・ 体内残留率・排泄率のモデル予測値データベース
   4.3.4.4 公衆の実効線量当量算定法の確立
   4.3.4.5 体外被曝に影響を与える環境パラメータ
   4.3.4.6 呼吸器被曝に影響を与える環境パラメータ
   4.3.4.7 超ウラン元素の組織微細線量評価に関する研究
   4.3.4.8 アクチニド元素の臓器線量評価技術の開発


放射線安全研究情報 へ戻る